東京モーターショー2017

【東京モーターショー2017】BRPは三輪のモーターサイクル体験を提案

2017.10.26 自動車ニュース
「カンナム・スパイダーF3-S」
「カンナム・スパイダーF3-S」拡大

BRPジャパンは、第45回東京モーターショー(開催期間:2017年10月25日~11月5日)に、三輪のモーターサイクル「カンナム・スパイダー」や水上バイク「Sea-Doo」などを出展した。

BRPジャパン代表取締役の佐藤 毅氏。BRPの三輪モーターサイクルは、安心してスポーツ走行が楽しめると語る。
BRPジャパン代表取締役の佐藤 毅氏。BRPの三輪モーターサイクルは、安心してスポーツ走行が楽しめると語る。拡大

「カンナム・スパイダーF3-S」のリアビュー。


	「カンナム・スパイダーF3-S」のリアビュー。
	拡大
リアは1輪。エンジンからの駆動トルクは、ベルトを介して後輪に伝えられる。
リアは1輪。エンジンからの駆動トルクは、ベルトを介して後輪に伝えられる。拡大
フロントは2輪。それぞれにサイクルフェンダーが装着される。
フロントは2輪。それぞれにサイクルフェンダーが装着される。拡大

こちらは、BRPジャパンが扱う水上バイク「Sea-Doo RXT-X300」。3人まで乗ることができる。


	こちらは、BRPジャパンが扱う水上バイク「Sea-Doo RXT-X300」。3人まで乗ることができる。
	拡大
ブースには、個性的なスノーモービルも並ぶ。写真は「Ski-DooサミットX165」。
ブースには、個性的なスノーモービルも並ぶ。写真は「Ski-DooサミットX165」。拡大

かつての夢をかなえよう

BRP社は、世界で初めてスノーモービルを発明したカナダの企業。以来、スノーモービルのほか、パーソナルウオータークラフト(いわゆる水上バイク)や三輪モーターサイクル、四輪バギーなどのレクリエーショナル製品を世に送り出してきた。

BRPジャパンの東京モーターショーにおける展示ブースの主役は、「カンナム・スパイダーF3-S」と「カンナム・スパイダーRTリミテッド」の2台の三輪モーターサイクル。前者がブレンボ製の4ピストンキャリパー付きブレーキシステムを備えたスポーツモデル。一方、後者はリアにエアサスペンションを装着し、容量155リッターの収納スペースを確保したラグジュアリーなツーリングモデル。最高出力115psの3気筒エンジンを積む点は共通だ。

三輪モーターサイクルの魅力や日本市場での戦略などを、BRPジャパン代表取締役の佐藤 毅氏に尋ねた。

――日本での三輪モーターサイクルのユーザーは、どのような方が多いのでしょう?

「いままでバイクに乗られていた方と、普通免許で乗れるということでクルマ趣味が高じた方が、ほぼ半々です。特に目立つのが、若い頃にバイクに乗りたかったけれど、ライフステージ的にそれがかなわなかった方ですね。昔の夢をかなえたい、でもいまから二輪の免許を取るのが大変だとお考えの方に、普通免許で乗れる三輪モーターサイクルがうけています」

――三輪モーターサイクルは他ブランドを含め何種類かありますが、BRPの特徴は何でしょうか?

「前2輪のレイアウトになっているので、安定していることです。速いスピードでコーナーに入った場合も安定性が高いので、ロングツーリングに使ってもいいし、スポーツ走行を楽しんでもいい。しかも、スタビリティーコントロールやトラクションコントロール、ABSといった電子制御デバイスを標準装備しているので、安全な乗り物になっています」

――カンナム・スパイダーに興味を持たれた読者の方は、試乗ができるのでしょうか?

「はい、全国31カ所の店舗すべてに、試乗用のモデルを置いています。オープンエアの爽快感を安全に楽しめることを、ぜひ体験していただきたいと思います」

残念ながら筆者には、三輪モーターサイクルは前2輪がいいのか、それとも後ろ2輪がいいのかを判断できるほどの経験がない。どちらにせよ、たまに街で見かける三輪モーターサイクルはいかにも気持ちよさそうに走っている。

「地球上のあらゆるシーンを“Play Ground=遊び場”にする」をうたうBRPの三輪モーターサイクルに乗ってみたくなった。

(文=サトータケシ)

関連キーワード:
東京モーターショー2017モーターショーBRPバイク自動車ニュース

あなたにおすすめの記事