東京モーターショー2017

【東京モーターショー2017】三菱が電動化技術を極めた「e-エボリューションコンセプト」を世界初公開

2017.10.26 自動車ニュース
東京モーターショー2017における、三菱自動車のプレスカンファレンスの様子。
東京モーターショー2017における、三菱自動車のプレスカンファレンスの様子。拡大

2017年10月25日に開幕した第45回東京モーターショー。三菱自動車は同日午前中に開催されたプレスカンファレンスにおいて今後の事業の方向性を示すと共に、今後販売する車種やコンセプトモデルを披露した。

三菱自動車の益子 修CEOが登壇。新たなブランドメッセージ「Drive your Ambition」を紹介した。
三菱自動車の益子 修CEOが登壇。新たなブランドメッセージ「Drive your Ambition」を紹介した。拡大
2017年3月に世界初公開された新型SUV「エクリプス クロス」。今後、日本国内でも販売される。
2017年3月に世界初公開された新型SUV「エクリプス クロス」。今後、日本国内でも販売される。拡大
プラグインハイブリッド車の「アウトランダーPHEV」は、技術的ハイライトを示すベアシャシーとあわせて、場内に展示された。
プラグインハイブリッド車の「アウトランダーPHEV」は、技術的ハイライトを示すベアシャシーとあわせて、場内に展示された。拡大

キーは「SUV」と「電動化技術」

冒頭ステージに上がった同社の取締役 CEOである益子 修氏は「前回の東京モーターショーから今回までの2年間、同社は激動の時でありました」とコメント。続いてルノー・日産連合とのアライアンスにより、電動化技術、自動運転、コネクティッド関連の先進技術やプラットフォームの共用なども含めた、単独では行うことができないスケールメリットを享受できた点をアピールした。

経営の部分では、取り巻く市場環境が変化する中、信頼回復に真摯(しんし)に務めると共に、V字回復を軌道に乗せるという強い意志のもと、中期経営計画である“DRIVE FOR GROWTH”により、2019年度にはグローバルにおける販売台数を+30%の130万台、売上高を+30%の2.5兆円、営業利益率を6%以上と定め、持続的成長の基盤を作っていくと語った。そして「モノづくりや現場の力を多くの方に見ていただきたい」と述べ、2017年度末に発売される「エクリプス クロス」の日本仕様を紹介した。

益子氏は「このエクリプス クロスを成功させることが、成長軌道への道筋をつけるための第一歩となります」とした上で、SUV自体がグローバルにおけるメジャーな存在となっている点や、そのSUVを三菱が長年にわたって提供し続けてきたことを強調。SUV全盛といわれる中で、同社ならではの新たな価値を持つSUVを提供し続けることや、他社に先駆けて導入した電動化技術により新ジャンルのクルマを作れる強みがあること、AIやコネクティッド技術などを融合させてクルマの新しい価値を生み出していくことを強調した。

「e-エボリューションコンセプト」を前にフォトセッションに臨む、益子 修CEO(写真左)と山下光彦CPLO(同右)。
「e-エボリューションコンセプト」を前にフォトセッションに臨む、益子 修CEO(写真左)と山下光彦CPLO(同右)。拡大
クーペライクなシルエットが強調される「e-エボリューションコンセプト」のリアビュー。
クーペライクなシルエットが強調される「e-エボリューションコンセプト」のリアビュー。拡大
Bピラーはなく、ドアは観音開き。大きな開口部も特徴のひとつとなっている。
Bピラーはなく、ドアは観音開き。大きな開口部も特徴のひとつとなっている。拡大
「三菱e-エボリューションコンセプト」
「三菱e-エボリューションコンセプト」拡大

トリプルモーターのe-エボリューションを提案

後半には同社の取締役 副社長執行役員 CPLOの山下光彦氏が登壇、その後ステージ上にe-エボリューションコンセプトが登場した。

世界初公開となるe-エボリューションコンセプトは、フロントに1基、リアに2基のモーターを搭載し、大容量のリチウムイオンバッテリーで駆動する電気自動車である。

山下氏は「e-エボリューションの名にふさわしい加速性能とともに運動性能をつかさどるS-AWCは電気の力でさらに進化、デュアルモーターAYCや電動ブレーキキャリパーにより、高精度で高いレスポンスを実現します」とコメント、さらに、車載AIにより生み出される新たな価値として、路面の状況や交通環境を認識し、ドライバーの意志を読み取ることでさまざまなシーンで運転を最適にサポートできる点もアピールした。

今回三菱は、東京モーターショーのブースで、これまでの強みであるSUVやEV、さらに新たな運転体験という3つの価値をユーザーに提案する。それが同社の新しいブランドメッセージである“Drive your Ambition”を体現する展示となっている。

最後に山下氏は「三菱自動車は今後、コアモデルを中心に電動化を推進し、PHEVのシステムを軸に、コンポーネントを共通化してバッテリーEVからシリーズハイブリッドまでの電動化技術を幅広く提供していきます」と、今後のビジョンを述べた。

(文=高山正寛)
 

関連キーワード:
エクリプス クロスアウトランダーPHEV三菱東京モーターショー2017モーターショー電気自動車(EV)自動車ニュース

あなたにおすすめの記事