黒い「スマート・フォーツー」、60台限定発売

2011.09.01 自動車ニュース

黒い「スマート・フォーツー」、60台限定発売

メルセデス・ベンツ日本は2011年9月1日、2人乗りの「スマート・フォーツー」に特別なカラーリングを施した特別仕様車「black edition(ブラックエディション)」を設定し、60台限定で発売した。

「スマート・フォーツー クーペmhd」をベースとする今回の特別仕様車は、ブラックで統一した外観が特徴のモデルだ。

ディープブラックのボディカラーには、通常は設定のないブラックのトリディオンセーフティセルが組み合わされる。さらに、ブラックに塗装されたBRABUSアルミホイールやドアミラーカバー、ダーク調のヘッドライトユニットなどで、全身がコーディネートされる。内装には本革巻ステアリングホイールおよびシフトノブを採用。機能装備としてラゲッジルームカバーと電動調整&ヒーテッド・ドアミラー、カップホルダー、CDホルダーも与えられる。

この「スマート・フォーツー ブラックエディション クーペmhd」は、世界限定1000台の生産となり、日本では60台が販売される。価格はベース車より15万円高の、199万円。デリバリー開始は2011年12月上旬頃を予定しているという。

(webCG 本諏訪)

「スマート・フォーツー ブラックエディション クーペmhd」
「スマート・フォーツー ブラックエディション クーペmhd」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーツーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スマート・フォーツー(RR/6AT)/フォーフォー(RR/6AT)【海外試乗記】 2015.8.12 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「スマート」に試乗した。新型は2人乗りの「フォーツー」に4人乗りの「フォーフォー」を加わり、布陣が強化されたが、その実力は「スマート史上、最高傑作」になったか?
  • 最高出力109psの「スマートBRABUS」が登場 2016.12.6 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2016年12月6日、スマートのハイパフォーマンスモデル「スマートBRABUS」を発表し、注文受け付けを開始した。エンジン、トランスミッションなどにチューニングが施されるほか、内外装には専用装備が装着される。
  • アバルト595 2017.2.20 画像・写真 FCAジャパンは2017年2月17日、マイナーチェンジを施した「アバルト595」シリーズを発表した。発売は2月25日。前後バンパーのデザインがよりアグレッシブになり、エアインテークには「ABARTH」の浮き文字があしらわれた。
  • 第30回 実は激動のディーゼルワールド 2017.2.21 エッセイ 清水草一の話題の連載。第30回は「実は激動のディーゼルワールド」。カーマニアとして、欧州ディーゼルのめざましい進化に注目する筆者が、太鼓判を押すモデルとは? 日本で買える300万円未満のモデルをピックアップ。
  • トヨタC-HR G-T(4WD/CVT)【試乗記】 2017.2.21 試乗記 TNGAに基づいて開発された、トヨタのコンパクトSUV「C-HR」。欧州各地での走り込みによって鍛えたというその実力を、販売台数では劣勢の1.2リッターターボモデルでテスト。ハイブリッドモデルにはない魅力とは?
ホームへ戻る