東京モーターショー2017

【東京モーターショー2017】ポルシェ、新型「カイエン」をアジア初公開

2017.10.26 自動車ニュース
アジア初公開となる新型「ポルシェ・カイエン」。日本での価格は、最もベーシックな「カイエン」が976万円、「カイエンS」が1288万円、「カイエンターボ」が1855万円。
アジア初公開となる新型「ポルシェ・カイエン」。日本での価格は、最もベーシックな「カイエン」が976万円、「カイエンS」が1288万円、「カイエンターボ」が1855万円。拡大

ポルシェ ジャパンは、2017年10月25日に開幕した第45回東京モーターショーにおいて、「パナメーラ スポーツツーリスモ」と新型「カイエン」を披露した。

プレゼンテーションを行ったポルシェ ジャパンの七五三木敏幸(しめぎとしゆき)社長。「カイエン」が同社の販売をけん引していることを語った。
プレゼンテーションを行ったポルシェ ジャパンの七五三木敏幸(しめぎとしゆき)社長。「カイエン」が同社の販売をけん引していることを語った。拡大
独ポルシェでエクステリアデザイナーを務める山下周一氏。身ぶり手ぶりを交えて、「パナメーラ スポーツツーリスモ」のデザインを解説した。
独ポルシェでエクステリアデザイナーを務める山下周一氏。身ぶり手ぶりを交えて、「パナメーラ スポーツツーリスモ」のデザインを解説した。拡大
本国ドイツのポルシェミュージアムから運ばれてきた「356スピードスター」。
本国ドイツのポルシェミュージアムから運ばれてきた「356スピードスター」。拡大
鮮やかなボディーカラーの「911 GT3」も展示される。
鮮やかなボディーカラーの「911 GT3」も展示される。拡大

ポルシェの電動化戦力の中核を担うカイエン

東京ビッグサイトの東展示場1階、最もメインゲート寄りのスペースが、今回のポルシェブースのロケーション。プレスデー初日がスタートして早々の朝9時半から行われたプレスカンファレンスは、まずはポルシェ ジャパンの七五三木敏幸(しめぎとしゆき)社長による、壇上2台のアンベールから始まった。

そんな2台、アジアで初公開の新型カイエンと、日本では初公開となるパナメーラのスポーツツーリスモ(ST)。これを筆頭に、はるばる本国ドイツのポルシェ博物館から運ばれてきた「356スピードスター」を含め、その他「911 GT3」や「911 GT3カップカー」など全7台が展示されている。

「911や『ボクスター/ケイマン』が“主役”でないのは寂しい……」という声も聞かれそうではあるものの、さすがに今のタイミングでは、フルチェンジしたばかりのカイエンと、パナメーラSTがメインで扱われるのはやむを得ないところだろう。

七五三木社長は、カイエンというモデルは決して唐突に誕生したわけではなく、356の設計者であり、父親のフェルディナント・ポルシェとともにポルシェ社創設にも関わったフェリー・ポルシェが、すでに1989年の段階で「ポルシェのクレストを付けたオフロードモデルが存在すれば、人々はそれを歓迎するに違いない」というアイデアを抱いていたことを紹介。

誕生から15年間で50万台以上を販売する大ヒット作となった功績をアピールすると同時に、ハイブリッドやプラグインハイブリッド仕様を早々に設定した実績から、現在ではポルシェの電動化戦略、“Eパフォーマンス”の中核を担う存在であることも強調した。

パナメーラSTのボディーの、最大の特徴がデザインにあるという話題で締めくくった七五三木社長に変わって登壇したのが、本社の開発部門から招聘(しょうへい)された、このブランド唯一の日本人デザイナーである山下周一氏。

氏からは、自身がエクステリア部分を担当したパナメーラSTのデザインについて、詳細な解説が行われた。

「ラゲッジルームを拡大させながら、いかにしてスポーツカーに見せるかに苦労をした」という話題でスタートした山下氏のスピーチには、ポルシェ社内ではこのモデルを決してワゴンとは呼ばず、あくまでもスポーツツーリスモと呼んできたという内輪話も。その他、さまざまな部位において“スポーツカーらしさ”をいかにアピールする工夫を行ってきたかのコメントを付け加えた。

(文=河村康彦)

関連キーワード:
パナメーラ スポーツツーリスモカイエンポルシェ東京モーターショー2017モーターショー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事