東京モーターショー2017

スズキ・クロスビー:カユいところに手が届く

2017.10.26 自動車ニュース
「スズキ・クロスビー」
「スズキ・クロスビー」拡大

クルマはやっぱり売られて、手に入れられるようになってナンボ。どうせ具現しないコンセプトカーなんかに用はない! そう語る自動車ジャーナリスト、小沢コージが選んだ、今回の東京モーターショーでオススメの一台とは?

 
スズキ・クロスビー:カユいところに手が届くの画像拡大
 
スズキ・クロスビー:カユいところに手が届くの画像拡大
 
スズキ・クロスビー:カユいところに手が届くの画像拡大
 
スズキ・クロスビー:カユいところに手が届くの画像拡大

絵のモチでは腹はふくれんのですよ!

基本、絵に描いたモチ=コンセプトカーにはさほど興奮しない小沢コージ。だって、長年見てるけどウソばっかでほとんど現実にならないんだもん。EVコンセプトだって今回出たうちの半分、いや2~3割があのまま現実にはなればいい方でしょ?

そこで見た瞬間、これが一番好きかも! って思ったのは「スズキ・クロスビー」。正直、大したアイデアじゃないですけど、カユい所に手が届くようなコンパクトSUVだからして。

ご存じわが国じゃビックリするくらいの人気が続いている軽SUVのハスラー。2014年はじめデビューとは思えないほど今なお売れてるだけじゃなく、イジリのベース車としてもよく見かける。しかし、ひとつだけ残念なのが「軽」しか選べないこと。

確かに、キモはあの目ン球つながり系のキュートフェイスや、ほどよいワイルドフォルムや使い勝手だろう。なんせ中身旧型「ワゴンR」ですから、室内は高くて広い。でも、もうちょっとデカいタイヤ履かせてもっと多人数で使いたかったユーザーも多いはず。と思ったらまさにそのイメージを具現したのがクロスビーだった。

今まで、デカい人気車の小型版っていうのは多かったと思うけど、コイツは逆。あり得ない逆説的成功の方程式をココで作れるか? に注目よ。

(文=小沢コージ/写真=webCG

関連キーワード:
スズキ東京モーターショー2017モーターショー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事