東京モーターショー2017

ダイハツDNコンパーノ:“昔の名前で出ています”

2017.10.27 自動車ニュース
ダイハツブースのステージの主役を飾るのは「DNコンパーノ」。隣には1963年に登場した「コンパーノ ベルリーナ」も展示されていた。
ダイハツブースのステージの主役を飾るのは「DNコンパーノ」。隣には1963年に登場した「コンパーノ ベルリーナ」も展示されていた。拡大

ダイハツブースでは、可憐(かれん)なスタイルで人々を魅了した「コンパーノ ベルリーナ」のリバイバルモデルが登場。新世代ダイハツを象徴するコンセプトモデル、その一台に込められた想いとは? モータージャーナリストの塩見 智が鋭く斬り込んだ!

「DNコンパーノ」のフロントビュー。
「DNコンパーノ」のフロントビュー。拡大
「DNコンパーノ」のインテリア。
「DNコンパーノ」のインテリア。拡大
「DNコンパーノ」のリアビュー。シューティングラインと称される伸びやかなフォルムが特徴。
「DNコンパーノ」のリアビュー。シューティングラインと称される伸びやかなフォルムが特徴。拡大

往年モデルの名が復活

今回、ダイハツのコンセプトカーの車名には、ダイハツニューネス=新世代ダイハツを意味する「DN」が付く。そしてDNコンパーノの「コンパーノ」は初出ではなく1963年にダイハツが軽自動車専門メーカーから脱皮すべく、バン/ワゴン、ベルリーナと相次いで世に問うたクルマに用いられた名前が復活したものだ。

55年たって再びこの名前を引っ張り出してきたのは、ダイハツがここへきてあらためて軽だけじゃなく小型車に力を入れるという意気込みの表れだろう。同様の意気込みはライバルのスズキでも顕著に見られる。

これは、今後軽自動車と小型車の境界が車両開発面でも税制面でもどんどん曖昧になっていくという流れへの対策だ。このキャブフォワードの美しいコンパクト4ドアクーペをそうした取り組みのシンボルにしたいのだろうとまで言うと、やや意味を持たせ過ぎだろうか。

デザイナーは「シニアに満足して乗ってもらいたい」と話すが、若者も興味を持つグッドスタイリングだ。出りゃ面白いけどな。モデルの詳細は他の記事に詳しい。

(文=塩見 智/写真=峰 昌宏)

関連キーワード
東京モーターショー2017
関連記事
関連サービス(価格.com)