ビッグイベントいよいよ開幕
東京モーターショー2017の印象は?

2017.10.27 デイリーコラム

2年に1度開催される、自動車の祭典「東京モーターショー」。45回目となる今回の展示は、どのようなものでしょうか。一足先に会場を回ったモータージャーナリストや自動車ライターの方々に、その印象を聞いてみました。

ジャパニーズ・ヘリテージ

東京モーターショー2017をひとことで表現するなら、“ジャパニーズ・ヘリテージ”。トヨタの新型「センチュリー」やダイハツのコンセプトカー「DNコンパーノ」、二輪車ではカワサキの「Z900RS」、新型「ホンダ・スーパーカブ」などが出展されていて、日本車の持つ歴史や遺産、伝統が大切にされるようになってきたのだという印象を受けました。日本は本来、伝統のある国。その点、モーターショーにおけるこうした傾向は好ましいと思っています。(森口将之)

世界的にもめずらしい

出展車が少ない点に、ちょっと寂しさを覚えたのは事実。強いて言うなら、モーターショーの華であるスーパーカー、具体的にはフェラーリやランボルギーニ、マクラーレンなどは参加してほしかった。一方で、トラックをはじめとする商用車や二輪車の展示が同じ場所で見られるのは、とても興味深いことだ。これは、世界的に見てもめずらしい、東京モーターショーならではの長所だろう。(河村康彦)

大人向けのモーターショー

通路が広くなったように感じましたね。ゆったりクルマが見られるようになったというか。いや本当に、大変混雑する一般公開日を考えると重要なことですよ! 一方で展示の内容も、大人向けというか、落ち着いたものになっていると感じました。コンセプトカーにしても、非現実的なものは影をひそめ、「これは本当に出てくるんじゃないか」と期待を抱かせてくれるモデルが目立ちます。その意味では、とても濃いモーターショーと言えるんじゃないでしょうか。(清水草一)

 
ビッグイベントいよいよ開幕東京モーターショー2017の印象は?の画像
あなたにおすすめの記事
新着記事