東京モーターショー2017

マツダ・ビジョン クーペ:自動車の美、極まる

2017.10.27 自動車ニュース
「マツダ・ビジョン クーペ」
「マツダ・ビジョン クーペ」拡大

東京モーターショーの会場に行ったら、これだけは実物を見てほしい。そう今尾直樹が強くおすすめするのは、マツダ渾身(こんしん)のコンセプトモデル。その見どころとは?

 
マツダ・ビジョン クーペ:自動車の美、極まるの画像拡大
 
マツダ・ビジョン クーペ:自動車の美、極まるの画像拡大
 
マツダ・ビジョン クーペ:自動車の美、極まるの画像拡大
 
マツダ・ビジョン クーペ:自動車の美、極まるの画像拡大

高級セダン誕生なるか

2年という歳月をかけて、じっくりねりこんでつくった、マツダデザインの方向性を示すモデル。前回の東京モーターショーに出品した「ヴィジョンRX」に続く、その4ドア版とも解釈できる。

なぜ会場で見ておくべきか。それは、実車でないと、制作者が日本刀にもなぞらえる、面の緊張感、張り、光がもたらす陰影がわからないから。陰翳礼讃(いんえいらいさん)。制作者いわく、とかくデザイナーというのは足したくなるものだけれど、グッと我慢して、シンプルに徹し、自動車の美を極めようとした。

日本人が日本人の美意識というものにこだわりすぎるのもキモチが悪い気もするけれど、ともかく日本の美にこだわったからこそ、このようなスーパー4ドアが誕生した。ちょっとアストンマーティンに似ている、と筆者は思うけど。

ヴィジョンRXからの流れを見ていると、幻のV12、アマティ計画の復活を期待したくなる。高田馬場でのお披露目の際、それはない、と言下に否定されたけれど、プレミアムマーケットへの進出を水面下で(とは言わないか、こんなのを出しているのだから)考えていることは間違いない。

(文=今尾直樹/写真=峰 昌宏)

関連キーワード:
東京モーターショー2017モーターショーマツダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事