東京モーターショー2017

【東京モーターショー2017】BMW、5車種をアジア初公開

2017.10.26 自動車ニュース
「BMWコンセプトZ4」
「BMWコンセプトZ4」拡大

東京モーターショー2017でのBMWの主役は5車種のアジア初公開モデルだ。ブースでは“ストーリー・オブ・ラグジュアリー”というコンセプトを掲げ、同ブランドのラグジュアリーな側面を前面に押し出した。

スピーチするBMWジャパンのペーター・クロンシュナーブル氏。
スピーチするBMWジャパンのペーター・クロンシュナーブル氏。拡大
アンベールされる「BMWコンセプト8シリーズ」。
アンベールされる「BMWコンセプト8シリーズ」。拡大
「BMWコンセプト8シリーズ」
「BMWコンセプト8シリーズ」拡大
アンベールされる新型「M5」。
アンベールされる新型「M5」。拡大
四輪駆動システムを搭載する新型「M5」。600psの最高出力を誇る。
四輪駆動システムを搭載する新型「M5」。600psの最高出力を誇る。拡大
「6シリーズ グランツーリスモ」
「6シリーズ グランツーリスモ」拡大
「BMW G310GS」
「BMW G310GS」拡大
BMWブースの様子。
BMWブースの様子。拡大

ラグジュアリーセグメントに注力

BMWのプレスカンファレンスは、NHK交響楽団員によるバイオリンとチェロの演奏という、まさしくプレミアムな雰囲気でスタートした。その後、スピーカーとして登場したのが日本法人の社長であるペーター・クロンシュナーブル氏であった。

「今回のBMWブースのコンセプトは、ストーリー・オブ・ラグジュアリーです。BMWのラグジュアリーセグメントの新しいアイデンティティーとラインナップを紹介します」とクロンシュナーブル氏はスピーチを始めた。まずアピールするのがセールスの好調さだ。

「現在、2017年の第4四半期に突入したばかりですが、ありがたいことにBMWグループは素晴らしい業績をあげています」とクロンシュナーブル氏。世界全体では+3.7%、日本では+3.2%の成長を遂げているという。特にオートバイ部門は好調で、+15.8%も伸びているというのだ。しかも、今後、普通自動二輪免許で乗ることができる小排気量オートバイの「G310GS」が導入されるという。“大型免許が必要”というハードルがなくなることでヒット濃厚なモデルというわけだ。

続いては、コンセプトに「ストーリー・オブ・ラグジュアリー」を掲げるように、ラグジュアリーセグメントについてだ。「ラグジュアリーセグメントのモデルは感情に強く訴えます。感情に強く訴える真のモビリティー体験をもたらすことで、ラグジュアリーセグメントのお客さまのライフスタイルをさらに充実させます」という。強く感情に訴えるモデルが、まるで物語のように並ぶというのがブースの狙いなのだろう。

ちなみにラグジュアリーセグメントの新しいアイデンティティーとは、プロモーションなどに使用するロゴだ。「7シリーズ」や新しい「X7」「8シリーズ」などの最上級モデルたちだけに使われるという。特徴は、100年前に使われていた円形ロゴをモノトーンとし、BMWではなく、略称しないバイエリッシュ・モトーレン・ベルケ(Bayerische Motoren Werke)と表示されているという。今後、目にすることが多くなることだろう。

一挙に5台をアジアプレミア

そうしたラグジュアリーセグメントの新たなラインナップとして紹介されたのが、「BMWコンセプト8シリーズ」だ。今後導入が予定される新しい8シリーズに先行して、9月のフランクフルトモーターショーでデビューしたクーペだ。優雅さとスポーティーさが、見事に調和しており、「新しいブランドアイデンティティーを完璧に体現したモデルです」とクロンシュナーブル氏は言う。

その次に紹介されたのが新型「BMW 6シリーズ グランツーリスモ」だ。「これは『BMW 5シリーズ グランツーリスモ』の後継モデルです。ラインがダイナミックかつスポーティーになっており、それでいて乗客と荷物のためのスペースも大きくなっています」という。さらに将来の自動運転技術を搭載する計画もあるという。

「なんと素晴らしいサウンド! なんと堂々としたクルマでしょう」と紹介されたのが新型「M5」だ。「このクルマについて知っていてほしいのが3点。0-100km/hの加速が3秒。600ps。そして四輪駆動システムのM xDriveです。ビジネスマンのあらゆる快適性を備えたスーパーカーとして、あるいはレースの遺伝子を備えたビジネスセダンとして、新型M5は忘れがたい走行体験をお届けします」

最後にアンベールとなったのが「BMWコンセプトZ4」。トヨタとの共同開発も話題になっているモデルだ。「心で運転するような典型的なロードスターで、あらゆる意味で活気があって優美です。このモデルをよく見てください。来年驚くべきモデルを公開する予定ですので、ぜひご期待ください」とクロンシュナーブル氏。

結局、BMWは、コンセプトZ4、コンセプト8シリーズ、M5、6シリーズ グランツーリスモの4台をステージで紹介。これに「X3」を加えた5台をアジアプレミア(アジア地域初公開)としたのだ。

(文と写真=鈴木ケンイチ)

関連キーワード:
M5セダン6シリーズ グランツーリスモBMW東京モーターショー2017モーターショー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事