技術開発のためにテストコースを改修
自動運転の実現に向けた各社の取り組みとは?

2017.10.30 デイリーコラム

高速道路や市街地の道路環境を再現

ちょっとおおげさな話に聞こえるかもしれませんが、2017年10月20日は(正確には翌日も)、自動車業界にとって非常に重要な日だったのかもしれません。それはスバルが、報道向けに北海道の「スバル研究実験センター美深(びふか)試験場」を公開したからです。
私たちはいわゆる“前入り(前日から現地に入る)”したわけですが、出発時の空港の待合室では、同業者やメディアの方々がこれほどまでにいるのか……と思うくらいの参加人数に驚かされました。それだけスバルの気合を感じるイベントだったといえるでしょう。

ちなみに、ツアーの一環として帰路の飛行機の中では、同社の吉永泰之社長が“ビデオメッセージ”で登場したのですが、同氏もまだこの完成した施設を見ていないとのこと。社長より先に見てしまうなんて、少し申し訳ない気持ちもあったりして……。

余談はここまでとして、美深試験場について簡単に解説します。
もともとスバルと北海道の関係は深く、1977年に美深町内での走行試験を開始。1995年に試験場が完成するまでの約18年間は、道道や町道を借用してのテストだったとのこと。その後、2003年に高速周回路が完成し、そして今回、大幅な改修により「高度運転支援技術センター」が新設されたわけです。特に高速道路を模した1200mの直線路には、出合い頭の事故なども想定した十字路を設置したり、市街地コースには信号を備えた交差点や、逆に信号のないラウンドアバウトを設けたりすることで、あらゆるシーンでのテストが行えるようになっています。

「スバル研究実験センター美深(びふか)試験場」
「スバル研究実験センター美深(びふか)試験場」
新築の業務棟。かつてはシンプルなプレハブで、季節によってはカメムシが大量発生したという。
新築の業務棟。かつてはシンプルなプレハブで、季節によってはカメムシが大量発生したという。
あなたにおすすめの記事
新着記事