東京モーターショー2017

ダイハツDNコンパーノ:不思議な魅力を持っている

2017.10.27 自動車ニュース
「ダイハツDNコンパーノ」
「ダイハツDNコンパーノ」拡大

東京モーターショー2017に、ダイハツは5種類のコンセプトモデルを出展した。そのうちの一台、往年の車名を冠する「DNコンパーノ」に強く引かれるのはなぜなのか。ヒストリックカーにも詳しい、沼田 亨が語る。

 
ダイハツDNコンパーノ:不思議な魅力を持っているの画像拡大
 
ダイハツDNコンパーノ:不思議な魅力を持っているの画像拡大
 
ダイハツDNコンパーノ:不思議な魅力を持っているの画像拡大
 
ダイハツDNコンパーノ:不思議な魅力を持っているの画像拡大

潔く見た目で勝負

ショー前に公表された広報写真を見て、まるでアニメ、それも1960年代に未来を描いた『スーパージェッター』や『8マン』などに登場するようなクルマだと思った。いざ実車を見たら、ライティングのせいでいささかのっぺりした印象だった写真と比べ、はるかに凝った造形であることがわかった。しかしレトロフューチャーな雰囲気は変わらず、現実離れした不思議な魅力を放っていた。

会場に並んで展示されていた、1960年代初頭の典型的なイタリアンスタイルだったオリジナルの「コンパーノ」の、ショーカーにありがちな単純な復刻版ではない。だがボディーサイドを走る“シューティングライン”は、オリジナルを現代風にアレンジしたものであり、「コンパクトさとスタイリッシュさを両立するデザイン思想を受け継いだ」という。素人目にもオリジナルのモチーフを引用したとわかるデザインよりも、好ましいと思う。

市販化予定のない純粋なコンセプトモデルだろうが、電動化も自動運転もコネクティングもうたわず、ほぼ見た目のみで「どやっ!?」とばかりに勝負に出たところも、会場内では貴重な存在だった。

(文=沼田 亨/写真=峰 昌宏)

 

関連キーワード
東京モーターショー2017
関連記事