【スペック】3.0TFSIクワトロ:全長×全幅×全高=4930×1875×1465mm/ホイールベース=2910mm/車重=1850kg/駆動方式=4WD/3リッターV6 DOHC24バルブスーパーチャージャー付き(300ps/5250-6500rpm、44.9kgm/2500-4500rpm)/価格=835万円(テスト車=1026万円)

アウディA6 3.0TFSIクワトロ(4WD/7AT)/2.8FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】

優等生すぎる 2011.08.31 試乗記 アウディA6 3.0TFSIクワトロ(4WD/7AT)/2.8FSIクワトロ(4WD/7AT)
……1026万円/792万円

第7世代へと進化した、伝統のミドルクラスセダン「アウディA6」。最新モデルの魅力はどこにあるのか? 巨匠 徳大寺有恒がチェックする。

アウディA6 3.0TFSIクワトロ(4WD/7AT)/2.8FSIクワトロ(4WD/7AT)【試乗記】の画像
初代「アウディ100」(1968年)
初代「アウディ100」(1968年)
続く2代目。1976年に誕生した。
続く2代目。1976年に誕生した。

二転三転、40年

松本英雄(以下「松」):今日の試乗車は、6年ぶりにフルモデルチェンジしたアウディのアッパーミドルセダン、新型「A6」です。
徳大寺有恒(以下「徳」):新型で「A6」は何代目になるんだい?

松:前身となる初代「アウディ100」から数えると7代目ですね。
徳:そうか。最初の「100」はメルセデスみたいなクルマだったよな。ということは、あの時代、アウディはまだダイムラー・ベンツの支配下だったのか?

松:いいえ。初代「100」が登場した1968年には、アウディはすでにフォルクスワーゲンの傘下にありました。しかし、おっしゃるように初代「100」はそれ以前、1959年から64年までアウディの前身であるアウトウニオンを支配していたダイムラー色が濃いクルマでしたね。
徳:エンジンはダイムラー設計の、ちょっと変わったクロスフローのOHVだったし、スタイリングも俗に言う縦目のコンパクトによく似ていた。

松:インテリアもすごくベンツっぽかったですよね。
徳:それが2代目「100」になると、一気に フォルクスワーゲン化するんだよな。

松:そうなんです。以後アウディセダンの伝統となる6ライトウィンドウを採用したセダンは後の「フォルクスワーゲン・サンタナ」、5ドアハッチハッチバックの「アバント」は「フォルクスワーゲン・パサート」の兄貴分といった雰囲気でした。
徳:ああ、そうだったな。
松:そもそも2代目は、フォルクスワーゲンの最上級モデルとして開発されたらしいですよ。でも、上級車種はアウディブランドからというフォルクスワーゲングループ内の決定に従って、途中から「100」になったとか。

1982年にデビューした3代目。空力に優れたボディデザインが特徴とされた。
1982年にデビューした3代目。空力に優れたボディデザインが特徴とされた。
「NSU Ro80」。ロータリーエンジンを搭載する4ドアセダンで、1967年に登場。
「NSU Ro80」。ロータリーエンジンを搭載する4ドアセダンで、1967年に登場。
【テスト車 A6 3.0TFSIクワトロのオプション装備】
コンフォートシート=36万円/バング&オルフセン アドバンスド サウンドシステム=84万円/LEDヘッドライト=30万円/電動チルト式2ウェイガラスサンルーフ=21万円/10パラレルスポークデザインアルミホイール=20万円
【テスト車 A6 3.0TFSIクワトロのオプション装備】
コンフォートシート=36万円/バング&オルフセン アドバンスド サウンドシステム=84万円/LEDヘッドライト=30万円/電動チルト式2ウェイガラスサンルーフ=21万円/10パラレルスポークデザインアルミホイール=20万円

徳:なるほど。で、エアロルックの3代目になって、ようやく今日に通じる「純アウディ」としてのアイデンティティが確立されたというわけだな。言うなれば初代は「FF版コンパクト・メルセデス」、2代目は「フォルクスワーゲン・デラックス」みたいなものだったわけだから。
松:1982年に登場した3代目「100」は、かなり衝撃的でしたよね。もっともあのエアロルックは、69年にアウディと合併した「NSU」の「Ro80」が下敷きになっていると思いますが。
徳:今考えると、「Ro80」はものすごく進んでたな。デビューは67年だから、3代目「100」より15年も前にあの姿で出てきたんだから。

松:ですね。ところで巨匠はその3代目「100」に乗ってたんでしょう?
徳:ああ。あまり乗らないうちに手放しちゃったんだが。当時、寄稿していた総合誌の編集者が「なんかいいクルマないですか?」と言うので貸したら、えらく気に入って、「ぜひ譲ってほしい」というので。
松:巨匠は頼まれると断れないから。(笑)

徳:アウディでよく乗ったのは、最初の「クワトロ」だな。ウチにあったのは1年くらいだけど、その間はもっぱらクワトロに乗ってた。
松:アウディの歴史を変えた、通称「ビッグ・クワトロ」も所有していたんですか。さすが、抑えるべきところは抑えてますね。

関連記事
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • アウディS3スポーツバック(4WD/7AT)【試乗記】 2017.4.1 試乗記 高出力のターボエンジンとフルタイム4WDシステムを組み合わせた「アウディS3スポーツバック」がマイナーチェンジ。進化を遂げた高性能ハッチバックの走りには、スポーティー一辺倒ではない“S”ならではの流儀が感じられた。
  • アウディTT RSクーペ(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.10 試乗記 400psの2.5リッター直5ターボユニットを搭載する新型「アウディTT RS」。0-100km/h加速をわずか3.7秒で駆け抜ける“等身大のスーパースポーツ”の実力をドイツで試した。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • ポルシェ・カイエンGTS(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.16 試乗記 発表から7年、その後のマイナーチェンジからもはや2年半が経過した2代目「ポルシェ・カイエン」。もはや円熟の域に達した感のある同車は今、われわれにどんな走りを見せてくれるのだろうか。スポーティーな「GTS」グレードのステアリングを握った。
  • アウディQ2 2017.4.26 画像・写真 アウディが新型の小型SUV「Q2」の日本導入を発表。機械式駐車場にも入るボディーサイズが特徴で、1リッターと1.4リッターの2種類のターボエンジンが用意されている。アウディSUV製品群の末っ子にあたる、ニューモデルの姿を写真で紹介する。
  • 新型「アウディA5」、3種のボディーで同時デビュー 2017.4.4 自動車ニュース アウディ ジャパンは2017年4月4日、フルモデルチェンジして2代目となった「アウディA5」シリーズと、その高性能モデル「S5」シリーズを発表。同日、受注を開始した。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
ホームへ戻る