最後の「ボルボS60/V60ポールスター」限定発売

2017.10.27 自動車ニュース
ボルボの高性能モデル「S60ポールスター」(写真左)と「V60ポールスター」(同右)。
ボルボの高性能モデル「S60ポールスター」(写真左)と「V60ポールスター」(同右)。

ボルボ・カー・ジャパンは2017年10月27日、「S60/V60ポールスター」のファイナルモデルを発表。同日、台数限定で販売を開始した。

「S60/V60ポールスター」のインテリア。
「S60/V60ポールスター」のインテリア。
シートの右側サイド部には、スウェーデンの国旗があしらわれる。
シートの右側サイド部には、スウェーデンの国旗があしらわれる。
シリアルナンバー入りのスカッフプレート。
シリアルナンバー入りのスカッフプレート。

S60/V60のポールスターは、最高出力367psのターボエンジンを搭載する高性能モデル。今回、その最後を飾る世界限定1500台のうち、50台が日本に導入される。

ファイナルモデルならではの装備としては、フロントスポイラー下部、サイドシル下部、ドアミラーカバー、トランクスポイラーエクステンション部(S60ポールスターのみ)に、軽量なカーボンファイバー製のパーツを採用。専用のフロントスカッフプレートには、1から1500までのシリアルナンバーが刻まれる。

さらに、ポールスター専用となる、ダイヤモンドカット/グロッシーブラック仕上げの20インチアルミホイールも装着。組み合わされる「ミシュラン・パイロットスーパースポーツ」タイヤには、 ノイズ低減機能が付与されている。

インテリアでは、新たな表皮やステッチで仕立てられた、本革×ヌバックの専用スポーツシートが特徴。その右側サイド部には、スウェーデン国旗があしらわれる。

価格と限定台数は以下の通り。ボディーカラーは「バースティングブルーメタリック」「アイスホワイト」「オニキスブラックメタリック」「シアンレーシングブルー」の4色から選べる。

  • S60ポールスター(20台):859万円
  • V60ポールスター(30台):879万円

(webCG)

関連キーワード:
S60V60ボルボ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 第11回:長距離ドライブで実力を試す 2018.2.6 徹底検証! ボルボXC60 第2世代となった「ボルボXC60」で、往復1000kmを超えるロングドライブへ。市街地から高速道路、ワインディングロードまで、さまざまな道を走らせてみると、ボルボが総力をあげて開発した新型の価値が見えてきた。
  • ボルボV90クロスカントリーT6 AWDサマム(4WD/8AT)【試乗記】 2018.2.5 試乗記 ボルボが主催した雪上試乗会に参加。「V90クロスカントリー」を駆り、信州は志賀高原でその雪上性能をチェックするとともに、先進装備をフル活用した“極楽浄土”もかくやの快適クルージングを堪能した。
  • ボルボS60ポールスター/V40 D4 R-DESIGNチューンド・バイ・ポールスター【試乗記】 2018.1.13 試乗記 電動モデル専門ブランドへの転身を表明したポールスターにとって、最後の“純内燃機関コンプリートカー”となる「S60ポールスター」に試乗。ポールスター製パーツを装備した「V40 D4 R-DESIGN」のチューンドカーと併せ、その古き良き(?)走りをリポートする。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • ボルボXC60 T5 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.12.4 試乗記 デザインはもちろん、走りにおいてもライバルとは趣を異にする新型「ボルボXC60」。シャシーのチューニングから運転席まわりのインターフェイスに至るまで、すべてが丁寧に作りこまれたこのクルマの特徴をひとことで言い表すと……。
ホームへ戻る