東京モーターショー2017

WHILL:パーソナルモビリティーの近未来を体感してほしい

2017.10.27 自動車ニュース
「WHILL モデルC」
「WHILL モデルC」拡大

東京モーターショーに集うのはクルマやバイクだけではない。パーソナルモビリティーの生産・販売を手がけるWHILL(ウィル/本社:横浜市鶴見区)が提案するのは、AIとパーソナルモビリティーの融合。モータージャーナリスト&モビリティージャーナリストの森口将之は、この分野の近未来に注目している。

 
WHILL:パーソナルモビリティーの近未来を体感してほしいの画像拡大
 
WHILL:パーソナルモビリティーの近未来を体感してほしいの画像拡大
 
WHILL:パーソナルモビリティーの近未来を体感してほしいの画像拡大
 
WHILL:パーソナルモビリティーの近未来を体感してほしいの画像拡大

明日のパーソナルモビリティーの姿を追求

パーソナルモビリティーのWHILLは、2年前の東京モーターショーにも出展していた。そのときはブースの中に坂道や砂利道を作り、デビューしたばかりの「モデルA」の走破性の高さをアピールしていた。東京ビッグサイト西館4階で体験した人もいるだろう。

今年はスタイリッシュなデザインを継承しながら分割式とすることで自動車のトランクに格納可能になり、価格を大幅に抑えた「モデルC」が登場したので、この新型で同じような体験ができるかもしれないと思い、同じ西館4階のブースに足を運んだら、予想以上の展開が待っていた。

スマートフォンを使って遠隔操作を行ったり、高性能レーザーセンサーを装着することで自動ブレーキを実現したり、利用者の運転診断を行って運転支援に役立てたりするなど、AIとパーソナルモビリティーの融合を体感できる場に進化していたのだ。

WHILLは日本では電動車いすにカテゴライズされる。電動車いすは道路交通法では歩行者扱いになるので、単独事故は交通事故にカウントされないことも多いけれど、高齢者や身障者の利用者が多いこともあり、操作ミスによる事故が増えている。自動車以上に自動化や運転支援が必要な分野だ。

モビリティーの世界に参入してまだ数年しかたっていないのに、WHILLはこうした現状にいち早く反応し、パナソニック、NTT、早稲田大学といった組織と共同で、明日のパーソナルモビリティーの姿を追求している。

すでに羽田空港ではパナソニックと共同で、歩行が困難な利用者がスマートフォンで設定するだけで、空港入り口から搭乗口まで自動で運んでくれるという実証実験を行っているけれど、東京モーターショーでの公開は多くの人にこうした先進的な取り組みを知ってもらう最良の場だろう。

自動車の自動運転を体感するには相応の場所が必要で、市場化となれば大掛かりなルール改正が前提となる。でもWHILLならビッグサイトの中で同様の体験ができる。1000万円クラスの高級自動運転車とは対照的に、移動弱者のためのソリューションであることにも好感を抱く。

ひとりでも多くの人が西館4階に足を運び、日本のモビリティーベンチャーの実力とパーソナルモビリティーの近未来を体感してほしい。

(文=森口将之/写真=webCG)

関連キーワード:
東京モーターショー2017モーターショー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事