トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G(4WD/6AT)

良心的なリファイン 2017.11.06 試乗記 トヨタの本格オフローダー「ランドクルーザープラド」がマイナーチェンジ。ただしその変化は、モデルライフ半ばの化粧直しだけにあらず。試乗してみると、走りにもランクルらしい改良の成果が表れていた。
インテリアの様子。マイナーチェンジを機に、センターコンソール上部にあったエアコン吹き出し口の位置を下げるなど、視認性の向上が図られた。
インテリアの様子。マイナーチェンジを機に、センターコンソール上部にあったエアコン吹き出し口の位置を下げるなど、視認性の向上が図られた。拡大
センターコンソールには、悪路の走破性を高める「マルチテレインセレクト」や「クロールコントロール」などのスイッチ類が並ぶ。
センターコンソールには、悪路の走破性を高める「マルチテレインセレクト」や「クロールコントロール」などのスイッチ類が並ぶ。拡大
フロントグリルやヘッドランプのデザインは、より力強さを感じさせるものに改められた。
フロントグリルやヘッドランプのデザインは、より力強さを感じさせるものに改められた。拡大
パワーユニットは、今回試乗した2.8リッターディーゼルターボ(写真)のほか、2.7リッターのガソリンエンジンがラインナップされる。
パワーユニットは、今回試乗した2.8リッターディーゼルターボ(写真)のほか、2.7リッターのガソリンエンジンがラインナップされる。拡大
最上級グレード「TZ-G」には、3列目シートの電動収納・復帰機構が備わる。荷室の容量は、104リッター(7人乗車時)から974リッター(2人乗車時)にまで拡大できる。
最上級グレード「TZ-G」には、3列目シートの電動収納・復帰機構が備わる。荷室の容量は、104リッター(7人乗車時)から974リッター(2人乗車時)にまで拡大できる。拡大
ボディーカラーは写真の「ホワイトパールクリスタルシャイン」を含む全9色から選べる。
ボディーカラーは写真の「ホワイトパールクリスタルシャイン」を含む全9色から選べる。拡大

まるでスポーツカーのよう

現行プラドは今回で2度目のマイナーチェンジ。前回はディーゼル追加と同時に実施されたが、興味深いのは、その後のプラドも国内では売り上げの半数がガソリンということだ。

聞けば“ヨンク族”にはもちろんディーゼルが圧倒的人気でも、国内のプラドにはそれと同じくらい“高級3列シーター”としての需要があり、そこでは価格が手ごろなガソリンが好まれるとか。私はてっきり「いやもう8、9割がディーゼルっすよ!」だと思っていたのだが、聞いてみないと分からないものだ。

さて、今回のプレスリリースに記されるマイチェンの主な内容は、外観のリフレッシュと「Toyota Safety Sense P」の全車標準化の2つだが、厳密にはほかにも細かく改良されている。

たとえば、インテリアではナビが大画面化されたと同時にセンターパネルを刷新。副変速機の切り替えも、以前のシーソースイッチから、大型のダイヤル式に変わった。またステアリングホイールも新デザインである。外観は見るからに今風イケメン顔になったと同時に、立体的になったボンネットで車体前端の見切りも明らかに改善。さすがランクル一族だけに、いつものトヨタとはちがって(?)ひとつひとつにウンチクと良心がある。

走行メカは基本的に変更なしだが、ひとつだけ、マニアは見逃せない手直しが入った。それは今回試乗した最上級「TZ-G」限定で、リアにトルセンLSDがついたことだ。ちなみに、プラドのリアデフは全車に電動デフロックがオプション設定されるが、TZ-Gでもそれを選択するとトルセンLSDと置き換わる。

そのココロは「デフロックまでは必要なく、それなりのペースで走る林道や雪道でのトラクション性能の向上」だという。ご想像のとおり、今回は林道や雪道をブッ飛ばすことなんてことはできなかったが、ドライ舗装路でもトルセンLSDの効果を実感できた“気がした”のは事実である。

本領は悪路にあるプラドながら、舗装路を「コンフォート」モードで走ると「クラウン」のように快適だ。そして「スポーツS+」モードにすると、ほとんどロールしないまま曲がっていくが、そのときのリアからの“蹴り”が以前より強まったように感じた。その瞬間のプラドは、ちょっとした低重心スポーツカーくらいのイケイケ走りも可能である。

まあ、そんな特殊な走りをしなくても、プラドで出かけたくなるシーンを想像すれば、トルセンLSDの恩恵は確実にありそうだ。こんなシブい改良もまた、トヨタ……ではなく、ランクルらしい良心である。

(文=佐野弘宗/写真=峰 昌宏/編集=関 顕也)

トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G
トヨタ・ランドクルーザープラドTZ-G拡大

【スペック】
 全長×全幅×全高=4825×1885×1835mm/ホイールベース=2790mm/車重=2320kg/駆動方式=4WD/エンジン=2.8リッター直4 DOHC 16バルブ ディーゼル ターボ(177ps/3400rpm、450Nm/1600-2400rpm)/トランスミッション=6AT/燃費=11.2km/リッター(JC08モード)/価格=536万3280円

関連キーワード:
ランドクルーザープラドトヨタ試乗記

あなたにおすすめの記事