第526回:着せ替えコンセプトで思い出す
とっても不運な日本のクルマ

2017.11.03 マッキナ あらモーダ!

スイス生まれの優等生

小学校時代、試験で真っ先に先生に答案用紙を提出して帰ってしまう同級生がいた。成績も優秀。毎回ウンウンもだえながら答えを考えていたボクからすると、なんともうらやましかったものである。

その同級生を思い出させるような存在が、ヨーロッパの自動車業界にもある。スイスのリンスピードだ。

同社は1977年にフランクM.リンダークネヒト氏が、米国製サンルーフの輸入と、ハンディキャップのある人向けの車両改造からスタートした企業である。1980年代には、スイスにおけるAMGやACシュニッツァーのディストリビューターになっている。

しかしながらリンスピードを有名にしたのは、奇抜ともいえる数々のコンセプトカーである。ドーバー海峡横断用車両(2006年)、潜水できるオープンカー「sQuba(スキューバ)」(2009年)といった個性的なモデルを次々とジュネーブモーターショーに運び込んだ。

ある年、会場でリンダークネヒト氏本人に「実際のところ、あなたの会社を支えている主な業務はなんですか」と質問すると、「大きな自動車メーカーの研究開発を支えるシンクタンク業務です」と教えてくれた。そして彼が例として挙げてくれたのは、誰もが知る自動車ブランドの名称だった。R&D(Research and Development)だったのだ。

自動車関係者なら誰もが知るように、コンセプトカー開発というのは、かなりの突貫作業である。ネーミングに至っては、決まるのがまさにショー開幕寸前という例もよくある。その代表例は、ショー会場で公開直前の準備中に決められた「ランボルギーニ・カウンタック(クンタッチ)」である。

一方リンスピードは、まさに冒頭の同級生並みに、事前発表が早い。3月のジュネーブモーターショーに展示するコンセプトカーの情報を、年明け前から公表してしまうのだ。最近は1月初旬に米国ラスベガスで開催されるエレクトロニクス見本市「CES」に出展するのに合わせ、3カ月前の10月にはリリースが届く。

加えて、前述のリンダークネヒト氏はマメな人らしく、ボクがCESの展示場所を問い合わせたら、クリスマス時期にもかかわらず直々に返事をくれて驚いたときもあった。

2017年3月のジュネーブモーターショーにリンスピードが出展したコンセプトカー「オアシス」。自動運転機能を持つEVである。
2017年3月のジュネーブモーターショーにリンスピードが出展したコンセプトカー「オアシス」。自動運転機能を持つEVである。

「リンスピード・オアシス」の室内。大型の液晶モニターがパッセンジャーを迎える。


	「リンスピード・オアシス」の室内。大型の液晶モニターがパッセンジャーを迎える。
リンスピードのコンセプトカーは、その奇抜さで知られる。「オアシス」のフロントには、箱庭が!?
リンスピードのコンセプトカーは、その奇抜さで知られる。「オアシス」のフロントには、箱庭が!?
カスタマイズも手がけるリンスピード。写真は2011年のジュネーブモーターショーに展示された、「三菱i-MiEV」ベースのチューニングカー。
カスタマイズも手がけるリンスピード。写真は2011年のジュネーブモーターショーに展示された、「三菱i-MiEV」ベースのチューニングカー。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事