クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/8AT)

大人のためのMINI 2017.11.03 試乗記 フルモデルチェンジですっかり貫禄のついた「MINIクロスオーバー」に、ハイパフォーマンスモデルの「ジョンクーパーワークス」が登場。231psの高出力ガソリンターボエンジンと、シンプルながらも効果テキメンの4WDシステムがかなえる走りを試す。

MINIクロスオーバーの“一番いいヤツ”

現在のMINIのラインナップは「3ドア」「5ドア」「コンバーチブル」「クラブマン」そしてこのクロスオーバーと、5つのボディーバリエーションで構成されている。プラットフォームの根本は同じながら、車格的には全幅1725mmの3ドア系に対して、クラブマン&クロスオーバーは1800mm。そして全長は4200mmを超える。車格面からみるに、後者の側は完全にCセグメント領域だ。

ヒエラルキーに縛られないところがその良さとはいえ、さすがに大きくなりすぎた……かと思いきや、日本市場でもその影響はほとんどないという。一方で、従来の車格感とユーティリティーを両立した5ドアは今や販売の中軸というから、ミニの商品企画は相変わらず巧みなところを突いているのだろう。

その5ドアを除いた4モデルに用意されるのが、スポーツグレードである「クーパーS」よりさらに走行性能を突き詰めたジョンクーパーワークス(JCW)だ。中でも直近で追加されたこのクロスオーバー版の価格は562万円からと、お値段の方も相当立派になっている。つまりはパフォーマンスのみならず、一番いいヤツ全部付きちょうだい的な要望にも応えるトップグレードとして認識されている……というのが市場的な本音でもあるのだろう。

それだけに装備は充実しており、JCWクロスオーバーではADAS(先進運転支援システム)系の装備やインフォテインメントも含め、ほぼほぼすべてのエクイップメントが標準搭載。それでもオプションを……ということであれば、性能面では電子制御可変ダンパーを、快適面では電動サンルーフやharman/kardonのHi-Fiオーディオを選ぶか、くらいなものだ。

MINIの各車種にハイパフォーマンスモデルとして用意されている「ジョンクーパーワークス」。「MINIクロスオーバー」には2017年6月に設定された。
MINIの各車種にハイパフォーマンスモデルとして用意されている「ジョンクーパーワークス」。「MINIクロスオーバー」には2017年6月に設定された。拡大
黒を基調に赤いアクセントがあしらわれたインテリア。各部にピアノブラックの装飾パネルが用いられている。
黒を基調に赤いアクセントがあしらわれたインテリア。各部にピアノブラックの装飾パネルが用いられている。拡大
「ジョンクーパーワークス」専用のスポーツシート。表皮は合皮とスエード調素材の組み合わせで、シートヒーターが標準装備される。
「ジョンクーパーワークス」専用のスポーツシート。表皮は合皮とスエード調素材の組み合わせで、シートヒーターが標準装備される。拡大
従来モデルより大幅にサイズアップした現行型「MINIクロスオーバー」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4315×1820×1595mm、ホイールベースは2670mmとなっている。
従来モデルより大幅にサイズアップした現行型「MINIクロスオーバー」。ボディーサイズは全長×全幅×全高=4315×1820×1595mm、ホイールベースは2670mmとなっている。拡大
注目の記事PR
  • 驚きの走破性は、この技術に支えられていた! 「ランドクルーザープラド」の素顔に迫る。
    驚きの走破性は、この技術に支えられていた! 「ランドクルーザープラド」の素顔に迫る。 トヨタ・ランドクルーザープラド
注目の記事一覧へ

走り味にはちょっとクセがある

パワートレインはクーパーS系が搭載する2リッター4気筒をベースに吸排気系やタービンなどに専用のチューニングが施されたもので、231psを発生。8段ATを介して0-100km/hを6.5秒で加速する。駆動系は前後の駆動配分をバリアブルに制御する「ALL4」のみ。これには幅広いユーザーニーズに応えつつ、運動性能をより先鋭化させた3ドア版JCWとのキャラクターをより明瞭に分けていくという思惑がみてとれる。ちなみに現在、日本市場でALL4のクロスオーバーを買おうと思ったら、このJCW以外ではディーゼルかPHEVを選ぶことになる。圧雪路でエンジンの気持ちよさを存分に味わいながら4WDを振り回すというニーズが今時どの位あるかは不明だが、このモデルはそういう希望にも応えてくれるだろう。

ロールをきっちり抑えて低偏平タイヤのソリッドなコンプライアンスを目いっぱい引き出しながらギュンギュン曲がる、文字通りのゴーカート的なフィールを先鋭化させたのが初代のJCW的味付けだとすれば、それは代を追うごとに慎重に穏やかになっているのではないだろうか。それを強く感じたのは現行の3ドア版JCWに乗ってのことだ。中途半端なスピードでは問答無用の平行移動的なマナーだった歴々とは裏腹に、ロール量は小さくもきちんとダイアゴナルな姿勢をつくっているというフィードバックがそこそこの速度でもドライバーにも伝わりやすくなった。

JCWクロスオーバーもそういう良さは受け継いでいて、ハイパワー化に伴うバネスタビまわりの固めっぷりはそれほど極端ではないから、姿勢の変化からくる情報量は想像以上に豊かだ。ただし操舵応答自体は、クイックなギア比を太い握りの小径ステアリングでコントロールするいかにもMINI的な構成に対し、イニシャルの重心や視点の高さからくる“位相ズレ”的な感覚が完全に拭えているわけではない。ちょっとクセのある初動に対する慣れの時間は必要になると思う。

ボディーカラーはソリッド、メタリック合わせて全7色。テスト車には有償色の「レベルグリーン・ソリッド」が用いられていた。
ボディーカラーはソリッド、メタリック合わせて全7色。テスト車には有償色の「レベルグリーン・ソリッド」が用いられていた。拡大
エンジンは最高出力231psを発生する2リッター直4ガソリンターボ。現行型の「MINIクロスオーバー」で純ガソリンエンジンを選べるのは、この「ジョンクーパーワークス」と、102psのエントリーモデル「ONE」のみとなっている。
エンジンは最高出力231psを発生する2リッター直4ガソリンターボ。現行型の「MINIクロスオーバー」で純ガソリンエンジンを選べるのは、この「ジョンクーパーワークス」と、102psのエントリーモデル「ONE」のみとなっている。拡大
「ジョンクーパーワークス」では、ステアリングホイールから手を離さずに変速ができるようシフトパドルが標準装備される。写真は今回の試乗に装備されていた、カスタマイズプログラム「MINI Yours」のレザーステアリングホイール。
「ジョンクーパーワークス」では、ステアリングホイールから手を離さずに変速ができるようシフトパドルが標準装備される。写真は今回の試乗に装備されていた、カスタマイズプログラム「MINI Yours」のレザーステアリングホイール。拡大
エクステリアでは、専用デザインのホイールや空力パーツ、各所にあしらわれた「John Cooper Works」のロゴやエンブレムなどで、他のモデルとの差別化が図られている。
エクステリアでは、専用デザインのホイールや空力パーツ、各所にあしらわれた「John Cooper Works」のロゴやエンブレムなどで、他のモデルとの差別化が図られている。拡大

これぞハイパワー4WDの醍醐味

その代わり、曲がり始めてからの動きはそのずうたいをすっかり忘れさせてくれるほどに軽やかだ。外輪を相当踏ん張らせている状態からのライン変更も自由度は高く、そういう領域では四駆の駆動配分もアンダーステアどころかイン側に向かわせるトレース性に寄与していることは、アクセルオンでググッとテールを沈ませていく姿勢からも伝わってくる。

ALL4はシンプルな仕組みながらレスポンスの良さを武器に悪路や雪道でもかなり使える四駆として定評があるが、オンロードのコーナリングでも気持ちよさを損なわない。クルマの好みにおいてスタビリティーを重視する向きなら、ALL4のためにあえて3ドアではなくクロスオーバーというJCWの選び方もありかと思う。あるいはどうしても背の高さが気になるというなら、同じALL4を持つJCWクラブマンという選択もありだろう。

目地段差など鋭利な凹凸を除けば、日常的速度域の乗り心地は総じてクーパーSぐらいのところは保たれる。それだけでなく微細な上下動などの吸収はこちらの方がより丁寧かもしれない。すべてとはいわずとも、時に標準車系を上回る質感の高いライドフィールをみせてくれる……とあらば、JCWクロスオーバーはやはりよわいも財布もある程度成熟したユーザーに向けてあらかたの場面での満足度を高めた大人MINIということになろう。

ホットハッチのなんたるかを知る3ドアに対して、動的キャラクターにこれほどのコントラストがつけられるということは、JCW枠内でみてもミニのユーザーの嗜好(しこう)がかなり多様化しているということを裏付けてもいる。当初はキワモノ扱いだった銘柄が年間30万台を売る一大ブランドへと成長した、その秘密がこの、かつての日本車をみるようなきめ細かなニーズのすくい上げということだろうか。

(文=渡辺敏史/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

「ジョンクーパーワークス」には電子制御デファレンシャルロックが備わっており、前後軸間で駆動力配分を可変制御するフルタイム4WD機構とも相まって、高いコーナリング性能を実現している。
「ジョンクーパーワークス」には電子制御デファレンシャルロックが備わっており、前後軸間で駆動力配分を可変制御するフルタイム4WD機構とも相まって、高いコーナリング性能を実現している。拡大
MINI独自の4WD機構である「ALL4」。後輪を電動モーターで駆動する「クーパーS E ALL4」も含めると、「MINIクロスオーバー」では「ONE」を除く全モデルに設定されている。
MINI独自の4WD機構である「ALL4」。後輪を電動モーターで駆動する「クーパーS E ALL4」も含めると、「MINIクロスオーバー」では「ONE」を除く全モデルに設定されている。拡大
「ジョンクーパーワークス」のタイヤサイズは225/50R18が標準。オプションで、19インチアルミホイールと225/45R19サイズのタイヤも用意されている。
「ジョンクーパーワークス」のタイヤサイズは225/50R18が標準。オプションで、19インチアルミホイールと225/45R19サイズのタイヤも用意されている。拡大
機能的なSUVのボディーに、高出力エンジン、そしてフルタイム4WDの組み合わせが特徴の「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー」。顧客のニーズをこぼさない多彩なラインナップ展開が、今日のMINIの人気を支えているのかもしれない。
機能的なSUVのボディーに、高出力エンジン、そしてフルタイム4WDの組み合わせが特徴の「MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー」。顧客のニーズをこぼさない多彩なラインナップ展開が、今日のMINIの人気を支えているのかもしれない。拡大

テスト車のデータ

MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4315×1820×1595mm
ホイールベース:2670mm
車重:1630kg
駆動方式:4WD
エンジン:2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ
トランスミッション:8段AT
最高出力:231ps(170kW)/5000rpm
最大トルク:350Nm(35.7kgm)/1450-4600rpm
タイヤ:(前)225/50R18 99W/(後)225/50R18 99W(ピレリPゼロ)
燃費:14.0km/リッター(JC08モード)
価格:562万円/テスト車=614万3000円
オプション装備:ボディーカラー<レベルグリーン・ソリッド>(11万6000円)/MINI Yoursスポーツレザーステアリング<3スポーク>(2万2000円)/ダイナミック・ダンパー・コントロール(7万7000円)/アラームシステム(5万5000円)/オートマチック・テールゲート・オペレーション<オープン/クローズ>(5万9000円)/ピクニックベンチ(1万6000円)/パーキングアシスト・パッケージ<PDCフロント&リア含む>(5万5000円)/harman/kardon製Hi-Fiラウドスピーカーシステム(12万3000円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:1556km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(7)/山岳路(1)
テスト距離:505.8km
使用燃料:45.4リッター(ハイオクガソリン)
参考燃費:11.1km/リッター(満タン法)/11.3km/リッター(車載燃費計計測値)
 

MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー
MINIジョンクーパーワークス クロスオーバー拡大

関連キーワード:
MINIクロスオーバーMINI試乗記

あなたにおすすめの記事