第10回:アイルトン・セナ――悲劇の貴公子<1994年>
事故が引き起こした早すぎる世代交代

2017.11.02 自動車ヒストリー 他の追随を許さない優れたドライビングスキルにより、F1において一時代を築いたブラジルの天才、アイルトン・セナ。1994年のイタリアGPで夭逝(ようせい)した“音速の貴公子”の生涯を、レースシーンに残してきた華々しいエピソードとともに振り返る。

災厄が相次いだ1994年のイモラ

1994年5月5日、グアルーリョス国際空港からサンパウロの中心街へと向かう道は、数百万の人波で埋まっていた。静かに進む車列の中に、花に包まれたひつぎがあった。4日前にサンマリノGPで事故死したアイルトン・セナの遺体である。葬儀場では、アラン・プロスト、ゲルハルト・ベルガーらがひつぎを担いだ。

日曜日のレース前、セナの様子はいつもと違っていた。「ウィリアムズFW16」をイモラ・サーキットのグリッド最前列に止めると、彼はコックピットから出ようとせず、誰から声をかけられても応じなかった。前日には、恋人との電話で不安を訴えていたという。セナが精神的に揺れていたのには理由がある。不吉な出来事が相次いでいたのだ。

金曜日の予選第1日に、ルーベンス・バリケロがクラッシュした。重症だと聞き、セナがメディカルセンターに駆けつける。前年にF1デビューした同郷の後輩を、彼は弟のようにかわいがっていた。幸いなことに情報は間違いで、鼻骨骨折と打撲程度の軽症であることが判明する。セナは再びサーキットに向かった。

胸をなでおろしたものの、不穏な空気はさらに拡大する。翌日の予選第2日、タイムアタック中のローランド・ラッツェンバーガーが、ビルヌーブコーナー外壁にたたきつけられた。フロントウイングが脱落し、コントロールを失ってしまったのだ。救急蘇生を行ったが、すでに脳死状態でなすすべもない。F1のレース中に死亡事故が起きたのは、1982年のリカルド・パレッティ以来だった。

重大な事故が続いたにもかかわらず、レース中止を求める声は大きくならなかった。ラッツェンバーガーが無名の新人だったことで、事態の深刻さが十分に受け止められなかったとも言われている。セナは違う。彼だけは事故後に現場を訪れて原因を探ろうとしていた。悲劇を予感していたのかもしれない。しかし、不世出の天才が最速を目指す戦いを避けるわけにはいかなかった。

1993年シーズンの最終戦、オーストラリアGPで表彰台に立つアイルトン・セナ。セナにとって、これが最後の優勝となった。
1993年シーズンの最終戦、オーストラリアGPで表彰台に立つアイルトン・セナ。セナにとって、これが最後の優勝となった。拡大
かつてサンマリノGPが開催されていたイモラ・サーキットは、F1が行われるサーキットとしては珍しい、反時計回りの高速コースだった。写真は1993年のGPの様子。
かつてサンマリノGPが開催されていたイモラ・サーキットは、F1が行われるサーキットとしては珍しい、反時計回りの高速コースだった。写真は1993年のGPの様子。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事