トヨタが「プリウス」の20周年記念モデルを発売

2017.11.01 自動車ニュース
「トヨタ・プリウスAプレミアム」
「トヨタ・プリウスAプレミアム」

トヨタ自動車は2017年11月1日、ハイブリッド車「プリウス」に一部改良を施すとともに、特別仕様車「S“セーフティープラス”/S“セーフティープラス ツートーン”」および「Aプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」を設定したと発表した。一部改良を加えた標準車とS“セーフティープラス”/S“セーフティープラス ツートーン”は同日に、Aプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッドは同年11月15日に発売する(受注期間は12月下旬まで)。

「プリウスS“セーフティープラス”」
「プリウスS“セーフティープラス”」
「プリウスS“セーフティープラス ツートーン”」
「プリウスS“セーフティープラス ツートーン”」
「プリウスS“セーフティープラス”/S“セーフティープラス ツートーン”」は、駐車支援機能の「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」を標準装備する。
「プリウスS“セーフティープラス”/S“セーフティープラス ツートーン”」は、駐車支援機能の「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」を標準装備する。

安全装備を大幅に強化

今回の一部改良では、ピアノブラック加飾を施したフロントコンソールトレイを採用したほか、11.6インチの「T-connect SDナビゲーションシステム」をオプションで設定。価格については以前から据え置きとしている。

S“セーフティープラス”/S“セーフティープラス ツートーン”については、標準グレードの「S」をベースに、アクセルペダル踏み間違え時の衝突被害を軽減する「インテリジェントクリアランスソナー」や衝突回避支援パッケージの「Toyota Safety Sense P」「シンプルインテリジェントパーキングアシスト」、LEDフォグランプなどを特別装備し、安全装備を充実させた。

さらに、バックカメラとステアリングスイッチからなる「ナビレディセット」を特別装備したほか、S“セーフティープラス ツートーン”には内外装の各所にブラックの加飾を施した。

ボディーカラーは、S“セーフティープラス”には「スティールブロンドメタリック」など全4色を設定。S“セーフティープラス ツートーン”にはツートンボディーカラーとして、ルーフに「アティチュードブラックマイカ」、ボディーに「ホワイトパールクリスタルシャイン」の組み合わせなど、全3タイプの組み合わせを用意した。

「プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」
「プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」
「プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」は、シート表皮にホワイトのプレミアムナッパ本革を採用する。
「プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」は、シート表皮にホワイトのプレミアムナッパ本革を採用する。
「プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」に備わる専用スマートキー。
「プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」に備わる専用スマートキー。
プレミアムナッパ本革仕様の車検証入れも「プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」の特別装備のひとつ。
プレミアムナッパ本革仕様の車検証入れも「プリウスAプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド」の特別装備のひとつ。

ハイブリッド車のパイオニアが20周年

Aプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッドは、1997年に誕生したプリウスの20周年を記念して設定された特別仕様車である。

上級グレードの「Aプレミアム」をベースに、215/45R17のタイヤなど“ツーリングセレクション”の装備に加えて、ルーフにアティチュードブラックマイカ、ボディーにホワイトパールクリスタルシャインまたは「エモーショナルレッド」という、2タイプのツートンのボディーカラーを設定。アルミホイールにブラックスパッタリング塗装を施すなど、エクステリアの各所にブラックを配置することで、ボディーカラーとのコントラストを際立たせている。

インテリアでは、シート表皮にホワイトのプレミアムナッパ本革を採用したほか、随所にブラックのアクセントを加えた。フロントコンソールトレイには、ピアノブラック加飾のつやと輝きを保つ自己治癒クリヤー加工を施している。さらに、専用のレッドのアクセントを加えたサイドレジスターなども採用している。

また、11.6インチのT-connect SDナビゲーションシステムを標準装備としたほか、専用スマートキーや専用車検証入れ(プレミアムナッパ本革仕様)も備わる。

特別仕様車の価格は以下の通り。

  • S“セーフティープラス”:260万7120円(FF)/280万1520円(4WD)
  • S“セーフティープラス ツートーン”:273万3480円(FF)/292万7880円(4WD)
  • Aプレミアム“ツーリングセレクション”20thアニバーサリーリミテッド:385万円(FF)/404万4400円(4WD)

(webCG)

関連キーワード:
プリウストヨタ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.1.18 試乗記 強力なV8ツインターボエンジンとプラグインハイブリッド機構を搭載した「ポルシェ・パナメーラ ターボS Eハイブリッド スポーツツーリスモ」。走りと環境性能という“本音と建前”を技術の力で両立させた、新世代ポルシェの旗手を試す。
  • 東京オートサロン2018(トヨタ) 2018.1.12 画像・写真 トヨタ自動車は「東京オートサロン2018」で“カスタマイズブース”を設営し、「クラウン コンセプト」や「ハイエース」をベースにしたコンセプトモデルを展示した。その姿を写真で紹介する。
  • 第75回:安物買いの銭失い 2018.1.30 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第75回は「安物買いの銭失い」。「MJ戦略参謀本部」放談、第3弾。人は、激安イタ車に愛をささげ続けると、どうなるのか!? 攻めのビンボーカーマニアが、匍匐(ほふく)前進で挑んだ、愛車との日々を語る。   
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • トヨタ・プリウスTRD Ver.1(FF/CVT)【試乗記】 2016.7.27 試乗記 空力パーツや専用チューニングのサスペンション、ボディーの補強パーツなど、いたるところにTRDの用品が装着された「トヨタ・プリウス」のデモカーに試乗。個々のチューニングの効果と、それらが織り成すクルマ全体のドライブフィールをリポートする。
ホームへ戻る