販売台数は日本の5.6倍!
世界最大の規模を誇る中国市場の今

2017.11.06 デイリーコラム

アジアの自動車産業界の中心は、日本から中国へ

世界最大の自動車市場は、中国だ。
世界自動車工業連合会の発表データによると、2016年の国別販売台数では、中国が2802万8175台で第1位。そこから1000万台以上引き離されて、アメリカ合衆国が1786万5773台で続く。さらにそこから大きく差があり、日本が497万0260台で第3位にいる。

中国市場は日本市場の5.6倍という巨大な存在であり、今後についても中国の着実な経済成長と日本の少子高齢化を鑑みるに、両市場の差がさらに広がることは間違いない。

その中国だが、自動車メーカーの数は中小を含めると数百社あるといわれている。ただし、上海、北京、広州などといった中国国内の大手モーターショーに出展しているものは、商用車メーカーを含めて30社程度だ。その中で、大手メーカーは、第一汽車、東風汽車、上海汽車、広州汽車、北京汽車、長安汽車などで、それぞれが海外の自動車メーカーとの合弁企業を持っている。

そもそも海外メーカーが中国国内で自動車を製造・販売する場合、中国の地場メーカーとの合弁企業を介する必要がある。例えば、トヨタは一汽トヨタと広汽トヨタ、ホンダは東風ホンダと広汽ホンダなど、複数の中国地場メーカーとの合弁を組む。

そしてこの合弁について、中国では法律によって、海外メーカーの持ち株率は最大で50%と規定されている。経営判断は海外メーカー側と中国側の総意によってのみ行われるため、事実上、中国側に有利な仕組みとなっているのだ。そこで海外の自動車メーカーは、経営リスクを考慮して複数の中国地場メーカーと連携しているのである。

それとは逆の発想のもと、東風日産として中国側1社だけと連携しているのが日産である。中国側への“誠意”を示すことで、東風汽車の中国政府に対する影響力を全面的に享受しているのだ。

世界最大の自動車市場である中国。年間販売台数はおよそ2800万台に達する。写真は上海の街並みの様子。
世界最大の自動車市場である中国。年間販売台数はおよそ2800万台に達する。写真は上海の街並みの様子。拡大
あまたある中国の自動車メーカーの中でも、主要なモーターショーに出展しているのはごく一部の大手メーカーのみだ。写真は広州汽車のブースの様子。
あまたある中国の自動車メーカーの中でも、主要なモーターショーに出展しているのはごく一部の大手メーカーのみだ。写真は広州汽車のブースの様子。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事