クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)/コンパス リミテッド(4WD/9AT)

キャラが立ってる 2017.11.10 試乗記 ジープの都会派SUV「コンパス」がフルモデルチェンジして2代目に。オンロード走行もソツなくこなす“アーバン系ジープ”の最新モデルの出来栄えやいかに? 他ブランドのSUVにはない、ジープならではの魅力を探った。

外見はまさに「グランドチェロキー」の縮小版

ご自身の愛車、「ジープ・グランドチェロキー」で試乗会にやって来た知り合いのカメラマン氏が苦笑しながら言う。「いやぁ、試乗車はこっちですって、試乗会のスタッフに誘導されちゃいましたよ」。
新型ジープ・コンパスは、試乗会スタッフも間違えるほど兄貴分のグランドチェロキーにそっくりなのだ。

2012年に日本に導入されたジープのコンパクトSUV、コンパスが2代目に生まれ変わった。ジープのデザインには、「ラングラー」に代表される武骨オフローダー系と、グランドチェロキーを頂点とするおしゃれアーバン系の2つのラインが存在するけれど、コンパスは後者。

ジープファミリーの中でサイズの小さい順に並べると、コンパスは「レネゲード」と「チェロキー」の間に入る。フルモデルチェンジにあたってコンパスは全長が75mm短くなって、4400mm。前出のカメラマン氏の全長4800mmを超すグラチェロと並べると、高校3年生と中学2年生のスノーボーダー兄弟といった趣だ。
ちなみに「トヨタ・プリウス」の全長が4540mmだから、コンパスってコンパクト。

新型コンパスのグレードは3つ。「スポーツ」と「ロンジチュード」がFFで、「リミテッド」のみがAWD(四輪駆動)になる。エンジンは2.4リッター直列4気筒マルチエアの一択で、FFモデルが6段AT、AWDモデルが9段ATのトランスミッションと組み合わされる。

まずは「エグゾティカレッド」という名称の、赤というより紅色と表現したくなる鮮やかな色味のロンジチュードから試乗をスタートした。

シティーユースにも考慮したジープとして2006年に米国でデビューした「コンパス」。今回のモデルはその2代目にあたる。写真は上級グレードの「リミテッド」。
シティーユースにも考慮したジープとして2006年に米国でデビューした「コンパス」。今回のモデルはその2代目にあたる。写真は上級グレードの「リミテッド」。拡大
「リミテッド」のインストゥルメントパネルまわり。リミテッドと「ロンジチュード」には、8.4インチ液晶を搭載したジープ最新のパナソニック製ナビゲーションシステムが装備される。
「リミテッド」のインストゥルメントパネルまわり。リミテッドと「ロンジチュード」には、8.4インチ液晶を搭載したジープ最新のパナソニック製ナビゲーションシステムが装備される。拡大
「リミテッド」は運転支援システムの充実ぶりも特長で、自動緊急ブレーキやアダプティブクルーズコントロール、車線逸脱警報、パーキングアシストなどが標準装備される。
「リミテッド」は運転支援システムの充実ぶりも特長で、自動緊急ブレーキやアダプティブクルーズコントロール、車線逸脱警報、パーキングアシストなどが標準装備される。拡大
ラインナップは「スポーツ」「ロンジチュード」「リミテッド」の3種類。駆動方式はリミテッドのみがAWDで、その他はFFとなっている。写真は中間グレードのロンジチュード。
ラインナップは「スポーツ」「ロンジチュード」「リミテッド」の3種類。駆動方式はリミテッドのみがAWDで、その他はFFとなっている。写真は中間グレードのロンジチュード。拡大
注目の記事PR
  • ドライブの汚れも一網打尽。“美人すぎるタクシードライバー”がダイソンの吸引力をリポート。
    ドライブの汚れも一網打尽。“美人すぎるタクシードライバー”がダイソンの吸引力をリポート。 ダイソン
注目の記事一覧へ

遠くから見てもジープだと分かる

新型コンパスの発表にあわせて来日した、エクステリアデザイン担当のクリス・ピシテリ氏によれば、デザインのテーマは「コンパクトさとラギッド感、そして洗練を1台に盛り込むこと」だったという。

「小さくて、ゴツゴツしていて、都会っぽいものはな~んだ?」というなぞなぞに答えるのはなかなか難しいけれど、デザイン陣は上手に着地点を見つけたように思う。遠目にもジープ一家のおしゃれな次男坊だとわかるし、近づけば取り回しのよさそうなサイズに納得する。

遠くから見てもジープファミリーの一員だとわかるのは、フロントのセブンスロットグリルや、1941年以来の伝統だという角張ったホイールアーチなど、ジープブランドのモチーフを上手に引用しているから。猫も杓子(しゃくし)もSUVを作るようになったこのご時世にあって、キャラの立った祖先がいるブランドは強い。

インテリアはすっきりまとまっていて機能的。特にプレミアムだとか高級だとか大騒ぎするほどではないな、と思ったところで、助手席に置いてあったスペックシートを見てびっくり。価格はオプション込みで356万4000円。クルマ好きのみなさんはご存じの通り、クルマってじわじわと高くなっていて、いまや国産の中型車でもちょっと油断するとあっという間にこれくらいの値段になる。

人間とは現金なもので、「スポーツだったらあと30万円安いのか~」と思うと、インテリアがとてもステキに見えてきた。

価格を見てコンパスが急に身近な存在に感じられるようになったところでエンジンスタート。駐車スペースから出るところで、「う~む、なるほど」とうなる。

フロントのセブンスロットグリルや台形のホイールアーチなど、「コンパス」にはジープならではのデザインが各所に取り入れられている。
フロントのセブンスロットグリルや台形のホイールアーチなど、「コンパス」にはジープならではのデザインが各所に取り入れられている。拡大
シートは「スポーツ」と「ロンジチュード」がファブリック。「リミテッド」がレザー。上位2グレードでは、助手席に座面を跳ね上げて使う収納トレーが設けられている。
シートは「スポーツ」と「ロンジチュード」がファブリック。「リミテッド」がレザー。上位2グレードでは、助手席に座面を跳ね上げて使う収納トレーが設けられている。拡大
リアシートは「スポーツ」と「ロンジチュード」が6:4の2分割可倒式、「リミテッド」が4:2:4の3分割可倒式となっている。
リアシートは「スポーツ」と「ロンジチュード」が6:4の2分割可倒式、「リミテッド」が4:2:4の3分割可倒式となっている。拡大
ラゲッジルームには3段階で床面の高さを調整できるフロアボードが装備されている。
ラゲッジルームには3段階で床面の高さを調整できるフロアボードが装備されている。拡大

さすがはSUVの老舗

何がなるほどなのかといえば、やはり2.4リッターぐらい排気量があると発進加速に余裕があるということ。たかが2.4リッターであるけれど、最近のダウンサイジング+ターボに慣れた体には、かなりパンチが効く。2.4リッターで4気筒、シリンダー1本あたりの排気量がデカいことからくる、ぐわっと押し寄せるトルクの波が、このクラスでは新鮮というか懐かしいというか。

具体的には、静止状態からスタートして、タイヤがひと転がり、ふた転がりするぐらいの力感が違う。エンジン回転を上げなくても、力強く走る。もちろんダウンサイジング+ターボには、効率的に速く走れるという美点があるわけだけれど、このエンジンのフィーリングは、ジープ・コンパスというコンパクトSUVの性格に合っている。

意外と言っては失礼だけど、前後サスペンション形式がストラットというスペックから想像するより、乗り心地はよかった。しなやかに脚が動いている感じはないのに、路面から伝わるショックはそれほど感じないという不思議な乗り味。ボディーの骨格、シート、タイヤ、サスペンションなど、トータルの連携で路面の不整を丸め込んでいる。

ハンドリングも、乗用車ライクにきゅきゅっと向きを変える日欧のコンパクトSUVとはちょっと違う。レスポンスが悪いというのとも違うけれど、ハンドルを切ってから一瞬のタメがあって、よっこらしょと向きを変える。こう書くと印象が悪いかもしれないけれど、ハンドルを握る身としては、SUVを操っているという実感が得られて悪くない。

乗り心地といい、ハンドリングといい、まったりとしたバランスは、この手の背が高いクルマを作り続けてきたノウハウのたまものだろう。老舗のうなぎ屋のタレだ。

車両骨格には「レネゲード」由来の新世代プラットフォームを採用。ボディーはフレーム一体式のモノコック構造となっており、全体の7割近くに高張力鋼板を採用したり、組み立てに構造接着剤を用いたりして、軽さとボディー剛性の高さを両立したという。
車両骨格には「レネゲード」由来の新世代プラットフォームを採用。ボディーはフレーム一体式のモノコック構造となっており、全体の7割近くに高張力鋼板を採用したり、組み立てに構造接着剤を用いたりして、軽さとボディー剛性の高さを両立したという。拡大
パワープラントは自然吸気の2.4リッター直4ガソリンエンジン。175psの最高出力と229Nmの最大トルクを発生する。
パワープラントは自然吸気の2.4リッター直4ガソリンエンジン。175psの最高出力と229Nmの最大トルクを発生する。拡大
メーターは2眼式で、中央には燃費や運転支援システムの作動状態、走行モード、さまざまな表示機能を持つ液晶ディスプレイが搭載される。写真はAWDのもの。(写真をクリックすると、表示画面を見ることができます)
メーターは2眼式で、中央には燃費や運転支援システムの作動状態、走行モード、さまざまな表示機能を持つ液晶ディスプレイが搭載される。写真はAWDのもの。(写真をクリックすると、表示画面を見ることができます)拡大
ボディーカラーは全6色。ルーフをブラックで塗り分けた仕様は、中間グレード「ロンジチュード」のみに用意される。
ボディーカラーは全6色。ルーフをブラックで塗り分けた仕様は、中間グレード「ロンジチュード」のみに用意される。拡大

今のクルマには個性が求められている

AWDのリミテッドに乗り換える。
全体の印象はFFモデルと大差ないけれど、ZF製の9段ATが一生懸命に仕事をしている様子がほほ笑ましい。隙あらば1段高いギアに入れて燃費を稼ごうと、がんばっている。ただしシフトショックはほとんど感じられないから、気をつけて観察しないとその仕事っぷりを見逃してしまう。

一般道を走るレベルではFFとAWDの違いはわからない。AWDのリミテッドのほうが少し乗り心地がしっかりしていて、ハンドルを切った時のレスポンスが鋭いようにも感じたけれど、それはタイヤサイズの違いによるものかもしれない。
タイヤサイズはFFのロンジチュードが225/60R17で、AWDのリミテッドが225/55R18。ベースグレードのスポーツは65偏平の16インチだから、もっとまったりしているかもしれない。

エンジンにしろ足まわりにしろ、おおらかな味があって、そこが日欧のコンパクトSUVとの違いだ。あんまり頭が良くなくて細かな芸はできないけれど、愛嬌(あいきょう)はたっぷりの中型犬というか。
でも、フツーに乗るぶんには快適で壊れないクルマばかりになった今、クルマに必要なのはスペックではなくこういう個性的なキャラクターだ。

日本におけるジープの販売台数は、2009年が998台。それが2016年には9388台。もちろん買いやすいコンパクトなモデルがラインナップに加わったことが大きいけれど、ジープのキャラクターが人を呼び寄せているのは間違いない。

(文=サトータケシ/写真=向後一宏/編集=堀田剛資)

「リミテッド」のAWD機構は、FFをベースとしたフルタイム式の「ジープ・アクティブドライブ4×4システム」。燃費を改善するため、前輪のみで走行する際にリアアクスルを分離する機構が備わっている。
「リミテッド」のAWD機構は、FFをベースとしたフルタイム式の「ジープ・アクティブドライブ4×4システム」。燃費を改善するため、前輪のみで走行する際にリアアクスルを分離する機構が備わっている。拡大
タイヤサイズはグレードによって異なり、「スポーツ」は215/65R16、「ロンジチュード」は225/60R17、「リミテッド」は225/55R18となっている。
タイヤサイズはグレードによって異なり、「スポーツ」は215/65R16、「ロンジチュード」は225/60R17、「リミテッド」は225/55R18となっている。拡大
AWDモデルの「リミテッド」には、ダイヤル式の走行モード切り替え機構が備わる。
AWDモデルの「リミテッド」には、ダイヤル式の走行モード切り替え機構が備わる。拡大
ジープならではのデザインと取り回しのしやすいボディーサイズが特徴の新型「コンパス」。2017年12月2日に発売予定となっている。
ジープならではのデザインと取り回しのしやすいボディーサイズが特徴の新型「コンパス」。2017年12月2日に発売予定となっている。拡大
ジープ・コンパス ロンジチュード
ジープ・コンパス ロンジチュード拡大

テスト車のデータ

ジープ・コンパス ロンジチュード

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4400×1810×1640mm
ホイールベース:2635mm
車重:1490kg
駆動方式:FF
エンジン:2.4リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:6段AT
最高出力:175ps(129kW)/6400rpm
最大トルク:229Nm(23.4kgm)/3900rpm
タイヤ:(前)225/60R17 99H/(後)225/60R17 99H(ファルケン・ジークスZE914Aエコラン)
燃費:11.9km/リッター(JC08モード)
価格:351万円/テスト車=356万4000円
オプション装備:パールコート塗装(5万4000円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:860km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:--km/リッター

ジープ・コンパス リミテッド
ジープ・コンパス リミテッド拡大

ジープ・コンパス リミテッド

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4400×1810×1640mm
ホイールベース:2635mm
車重:1600kg
駆動方式:4WD
エンジン:2.4リッター直4 DOHC 16バルブ
トランスミッション:9段AT
最高出力:175ps(129kW)/6400rpm
最大トルク:229Nm(23.4kgm)/3900rpm
タイヤ:(前)225/55R18 98H/(後)225/55R18 98H(ブリヂストン・デューラーH/P)
燃費:9.6km/リッター(JC08モード)
価格:419万円/テスト車=424万4000円
オプション装備:パールコート塗装(5万4000円)

テスト車の年式:2017年型
テスト開始時の走行距離:523km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(--)/高速道路(--)/山岳路(--)
テスト距離:--km
使用燃料:--リッター(レギュラーガソリン)
参考燃費:--km/リッター
 

関連キーワード:
コンパスジープ試乗記

あなたにおすすめの記事