ホンダ、ミラノで未来のカフェレーサーを発表

2017.11.07 自動車ニュース

本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2017年11月7日(現地時間)、イタリア・ミラノで開催されるEICMA2017(通称:ミラノショー、開催期間:11月7日~11月12日、一般公開は11月9日から)に、コンセプトモデル「CB4 Interceptor(インターセプター)」を出展すると発表した。

ミラノショーとは、欧州で最大規模の二輪のモーターショーである。今回出展されるCB4インターセプターは、「ネオ・スポーツ・カフェ」をデザインテーマとした二輪車のコンセプトモデルであり、EICMA2015に出展された「CB4 CONCEPT」の進化モデルにあたる。

外観はブラックで統一されたカラーリングが特徴で、流れるようなラインによってスタイリングが構成されている。

技術的なアイデアも取り入れられており、フューエルタンクの上にはマップによるナビゲーション、緊急時の通話、デバイスの接続などの機能を備えたタッチスクリーンが装備されている。このシステムはネットワークに常時接続されており、その電力はフロントに装備したファンによって供給されるという。

(webCG)
 

「ホンダCB4 Interceptor(インターセプター)」
「ホンダCB4 Interceptor(インターセプター)」拡大

関連キーワード:
モーターショーホンダバイク自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事