クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック
【スペック】全長×全幅×全高=4815×1855×1505mm/ホイールベース=2815mm/車重=1560kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=394万円(テスト車=409万円/キセノン ディレクショナルヘッドライト&インテリジェントハイビーム=15万円)

プジョー508SWアリュール(FF/6AT)【試乗記】

マニアから一見さんまで 2011.08.29 試乗記 プジョー508SWアリュール(FF/6AT)
……409万円

1.6リッターターボエンジンを搭載する新しいフラッグシップモデル「508」。ワゴンモデルでその走りと乗り心地を試した。

プジョーファンの憂鬱

facebookを眺めていたら、「プジョー406ブレーク」に乗る知人が「バカンスを前に、AL4に警告灯点滅(苦笑)」と近況報告していた。ご存じの方も多いと思うけれど、AL4とはPSAプジョー・シトロエングループとルノーが共同で開発したあまり評判のよくない4段AT。知人は、仕方ないので行きつけのガレージに持ち込むという。つまり、まだまだ乗るということだ。

行間を読めば、406ブレークの代わりになるクルマがないということだろう。さらに深読みすれば、「『407』じゃダメなのよ」ということだと思う。そういえば、やはり406ブレークに乗るカメラマンの知り合いも、「後継車がない……」とコボしていたっけ。

控え目ながら端正なルックスの406が好きな人の目には、407の「なんぼのもんじゃー」的なお面は下品に映るはず。406のしとしとの乗り心地に慣れると、407のぱっつんぱっつんのフィーリングは体の芯に響くだろう。
ま、愛車に長く乗り続けるのはいいことだ。いいことではあるけれど、「好きだから乗り続ける」のと「仕方がないから乗り続ける」との間には、暗くて深い川がある。

てなことを考えていたら、たまたま「508SWアリュール」の試乗の順番が回ってきた。ちなみに「Allure(アリュール)」とはファブリックのシートや16インチのホイールを装備する標準仕様。上級仕様の「Griffe(グリフ)」では、レザーシートと17インチホイールが備わる。

 
プジョー508SWアリュール(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大
「SW」に標準装備されるパノラミックガラスルーフは開放感バツグン。5段階の調整が可能な電動サンシェードも備わる。
「SW」に標準装備されるパノラミックガラスルーフは開放感バツグン。5段階の調整が可能な電動サンシェードも備わる。 拡大
クールになったフロントフェイスには好感が持てたけれど、リアビューは没個性。「ホンダの『アコードツアラー』にそっくり」という声多数。ルーフレールは、空気抵抗低減にひと役買うとされるボディ一体型。
クールになったフロントフェイスには好感が持てたけれど、リアビューは没個性。「ホンダの『アコードツアラー』にそっくり」という声多数。ルーフレールは、空気抵抗低減にひと役買うとされるボディ一体型。 拡大

矛盾に満ちたエンジン

いろいろなところで書かれているように、プジョーの旗艦モデルである「607」シリーズの守備範囲もカバーする任務を負う508シリーズは、先代の407より大きくなっている。SW同士で比較すると、「508SW」は「407SW」より3cmほど長くなっている。けれど、不思議と見た目にデカくなった感じはない。
おそらく、前輪より前の部分(フロントオーバーハング)が407より短くなっていることと、お利口さんぽくなったフロントマスクのおかげだろう。

排気量わずか1.6リッターの4気筒ターボエンジンは、小排気量の割によくやっているというよりも、むしろ積極的に選びたくなるエンジンだ。
まず、低い回転域ではむっちりとしたトルクで車体を引っ張る。そして回転が上がると、乾いたイイ音を響かせながら小気味のいいパワー感を伝える。粘り強さを発揮しながら、同時に軽快さも兼ね備えるという矛盾に満ちたエンジンだけれど、こういう矛盾なら大歓迎だ。

とはいえ、ここでエンジンだけを誉めるのはズルい。第2世代に進化したというアイシン製の6段ATが実にいい仕事をしている。
普通にアクセルペダルを踏むような運転だと、比較的早いタイミングで「すん、すん、すん」とシフトアップする。いかにも効率がよさそうで、しかもショックはほとんど感じない。

アクセルペダルをがんと踏みつけると、「そこだ!」というタイミングで素早くシフトダウン。パドルシフトが標準で備わるけれど、アクセルペダルの踏み加減で自在にギアのコントロールができることがわかってからは、ほとんど触れることはなかった。6段ATの出来のよさに、AL4で苦労している知人の顔が思い浮かんだ。

上品なデザインといい、スイッチ類や樹脂類の触感といい、インテリアのクオリティは高い。ただし、室内色が黒しか選べないのは残念。特に「SW」は、ベージュ系の明るい色で楽しくレジャーに出かけたい。
上品なデザインといい、スイッチ類や樹脂類の触感といい、インテリアのクオリティは高い。ただし、室内色が黒しか選べないのは残念。特に「SW」は、ベージュ系の明るい色で楽しくレジャーに出かけたい。 拡大
1.6リッター直噴ターボエンジンと6段ATの組み合わせは、「308」や「RCZ」といった現行プジョー車と共通。10・15モード燃費は10.8km/リッターと、従来型より約15%も向上している。
1.6リッター直噴ターボエンジンと6段ATの組み合わせは、「308」や「RCZ」といった現行プジョー車と共通。10・15モード燃費は10.8km/リッターと、従来型より約15%も向上している。 拡大
フロントサスペンションは、「407」シリーズのダブルウィッシュボーンからマクファーソンストラットに変更された。一方、リアはマルチリンク式を踏襲する。
フロントサスペンションは、「407」シリーズのダブルウィッシュボーンからマクファーソンストラットに変更された。一方、リアはマルチリンク式を踏襲する。 拡大
 
プジョー508SWアリュール(FF/6AT)【短評】

16インチを選びたい

乗り心地はいい。406シリーズのしとしと感が戻ってきた。荒れた路面に突入しても、アシが絶妙に伸び縮みして、地面からのショックを吸収してくれる。荷物を満載してはるかかなたを目指す、いかにもステーションワゴンらしい使い方にぴったりの足まわりだ。16インチの60扁平(へんぺい)という、このサイズのクルマとしては比較的温和なタイヤの影響もあるだろう。しかもふわんふわんするわけでなく、コーナーを曲がる時の横傾き(ロール)も丁寧にチェックされている。

広い! しかもフラットな床面、スクエアでイヤな出っ張りがない形状など、使い勝手のよさそうな荷室。
(写真をクリックするとシートアレンジが見られます)
プジョー508SWアリュール(FF/6AT)【短評】

ただし、以前に別の取材で乗った17インチを履いたセダンは、路面からの突き上げを比較的ダイレクトに伝えていた。これが16インチと17インチのタイヤの違いなのか、あるいはセダンとワゴンのセッティングの違いなのかは、同条件で直接乗り比べてみないことには自信を持って断言はできない。なので、ここから筆圧を下げてキーを打ちますが、SWを買うなら16インチがいいと思います。

パッと見は地味だけど、よくよく見ると整ったフォルム。何百kmでも疲労を感じないと思われる、快適な乗り心地と素晴らしいシート。ただ広いだけでなく、スクエアな形状で実に使いやすい荷室。
大きくなったサイズという問題はあるにせよ、昔からのプジョーファンの受け皿ができたと言っていいだろう。帰ってきた私のプジョー。パワートレイン(特にトランスミッション)も世界中どこに出しても恥ずかしくないレベルになったから、一見さんでも大丈夫だ。

プラットフォーム(基本車台)は「シトロエンC5」と共通で、2815mmのホイールベースも同じ。ヘッドランプの造形は、猫科の動物をイメージしたものだという。従来型「プジョー407」に比べると、「SW」は40mm、「セダン」は105mm全長が延びている。ただし、同グレードで比較した場合、SWは従来型比で70kgもの軽量化に成功しているのは立派。
プジョー508SWアリュール(FF/6AT)【短評】

(写真=サトータケシ/写真=郡大二郎)

あなたにおすすめの記事