30年続くフランス車の祭典
これが「フレンチブルーミーティング」だ!

2017.11.10 デイリーコラム

国内最大級のクラブイベント

10月最後の週末になると、長野県の車山高原(霧ヶ峰)でフランス車の集会が開かれます。

同じクルマに乗る仲間が集うクラブイベントは大小さまざまあり、それこそ毎週のように全国どこかで開かれていますが、フレンチブルーミーティングは今年で31回目。1987年に「シトロエン2CV」や「ルノー4」など、少数派の個性的なクルマに乗る同好の士が数人集まったのが始まりでした。当時はインターネットなどなかったので修理パーツのジャンクなどを持ち寄ったりする情報交換の場でありました。

フレンチブルーミーティングの特色は、ひとつのメーカーにこだわることなく、フランス車ならば何でもウエルカムであること。今ではさらに間口が広がり、例えば、日本の軽自動車にエンブレムだけ取り付けて“フランス車に化けたクルマ”なども参加しています。あまり難しいことを言わずに、フランスが好きなら何でも受け入れてくれる寛容さがあるのです。

そんなフレンチブルーミーティングを、フランス大使館も後援しています。今年は台風の影響で雨が激しく、毎年恒例となっているジムカーナ大会は中止されてしまいましたが、その優勝者をパリ旅行に招待するなど、クラブイベントとしての規模と内容は国内最大級のものです。

筆者はこのイベントに3回目から毎年訪れていて、海外出張などの外せない用事があるとき以外は、毎年意識して“車山詣”をしてきました。北海道や九州などのナンバーも見かけるとおり、遠方からの参加車もあり、前夜祭はほとんど徹夜で盛り上がっていますね。

一方で宿泊施設も会場周辺にあり、家族連れで参加する例も多いなど、参加形態も千差万別。中にはトリコロールの旗を掲げた自転車などもいて、長距離旅行の一部に組み入れている人もいるようです。

フレンチブルーミーティングの会場に並んだ「シトロエン2CV」。写真は30回目の節目となった2016年のイベントでの光景。
フレンチブルーミーティングの会場に並んだ「シトロエン2CV」。写真は30回目の節目となった2016年のイベントでの光景。
毎年会場には、約3000台の参加車両が集結する。2017年は悪天候のため例年よりは少なめだったが、それでも2000台ほどの車両が集まった。
毎年会場には、約3000台の参加車両が集結する。2017年は悪天候のため例年よりは少なめだったが、それでも2000台ほどの車両が集まった。
2017年のフレンチブルーミーティングは、10月28日と29日の両日にわたって開催された。霧と大雨のために一部の催しは中止となったが、多くの参加者でイベントはにぎわいを見せた。
2017年のフレンチブルーミーティングは、10月28日と29日の両日にわたって開催された。霧と大雨のために一部の催しは中止となったが、多くの参加者でイベントはにぎわいを見せた。
あなたにおすすめの記事
新着記事