第67回:金髪リーゼントの慧眼

2017.11.14 カーマニア人間国宝への道

酒井メカ、その半生

我が赤い玉号「フェラーリ328GTS」の、想像を絶するほど軽いステアリング。その原因を一発で見抜き、軽く直してしまった金髪リーゼントの酒井メカ。彼はいったいどんな男なのか。

酒井「最初は魚屋でしたけど、22でマルカツに入って、そっから20年間いました」

本人は言葉を濁すが、どうも若い頃は魚屋兼暴走族だったらしい。その後外車専門店のメカニックに転身し、20年間キビシイ職場で鍛えられた。

愛車の「ポルシェ911ターボ(タイプ930)」を買ったのは21年前。以後、ポルシェとバイクを愛し続けるカーマニア兼バイクマニアなのである。

コーナーストーンズの整備工場・尾上サービスに転職したのは2年前のことだ。

金髪リーゼントの酒井メカと筆者。
金髪リーゼントの酒井メカと筆者。
酒井メカの愛車「ポルシェ911ターボ(タイプ930)」。(写真=池之平昌信)
酒井メカの愛車「ポルシェ911ターボ(タイプ930)」。(写真=池之平昌信)
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事