第457回:江戸・明治の町並み残る内子に幻のレストランが出現!
「DINING OUT UCHIKO with LEXUS」でアメージング体験

2017.11.15 エディターから一言
古い町並みが残る八日市・護国地区は、昭和57年(1982年)に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、現在でも地元の人たちによって、保存されている。
古い町並みが残る八日市・護国地区は、昭和57年(1982年)に国の重要伝統的建造物群保存地区に選定され、現在でも地元の人たちによって、保存されている。拡大

食を通じて地方の持つ魅力を再発見する野外イベント「DINING OUT(ダイニングアウト)」の第12弾が2017年10月28~29日に愛媛県の内子町で開催された。2日間だけ現れた幻のレストランに記者が参加、その様子をリポートする。
 

本芳我家住宅。今回のダイニングアウトは、この建物に面した通りで開催された。
本芳我家住宅。今回のダイニングアウトは、この建物に面した通りで開催された。拡大
内子座外観。
内子座外観。拡大
内子座内観。
内子座内観。拡大

江戸・明治のにぎわいを今に伝える町

内子という町をご存じだろうか。

愛媛県のほぼ中央部に位置し、県庁所在地の松山からは約40km、クルマで約40分の場所にある。町の中心部を小田川が流れる緑ゆたかな町だ。

江戸から明治にかけては、木蝋(もくろう)生産の中心地として栄えた。中でも、八日市・護国地区は当時の面影が色濃く残る場所。鏝絵(こてえ)や懸魚(げぎょ)、鬼瓦をあしらった、重要文化財の本芳我家(ほんはがけ)住宅を中心に、しっくい塗り籠やなまこ壁を特徴とした、瓦屋根の建物が立ち並んでいる。

本芳我家住宅と同様、重要文化財で、町のシンボルともいえるのが内子座だ。大正5年(1916年)に、商家のだんな衆によって建てられた劇場で、木造2階建ての瓦葺(ぶ)き入り母屋作り、回り舞台や花道、升席などを整えている。現在の建物は昭和60年に復元されたもので、創建から100年たった今もなお現役の芝居小屋として営業を続けている。

足を踏み入れると、タイムスリップしたような感覚に陥った。博物館として保管されているのではなく、今も現役で活躍しているからこそ感じられる、建物の息遣いが伝わってくる。

今回のダイニングアウトは、そんな華やかなりし過去を今に伝える町、内子が舞台。町並み保存地区のメインストリートを2日間封鎖しての開催となった。

あなたにおすすめの記事
新着記事