「スズキ・スイフト」の特別仕様車「XGリミテッド」発売

2017.11.13 自動車ニュース
「スズキ・スイフト XGリミテッド」
「スズキ・スイフト XGリミテッド」

スズキは2017年11月13日、コンパクトカー「スイフト」に特別仕様車「XGリミテッド」と、「RS」のCVT車を設定し、販売を開始した。

特別仕様車「スイフト XGリミテッド」のインストゥルメントパネル。
特別仕様車「スイフト XGリミテッド」のインストゥルメントパネル。
「スズキ・スイフトRS」
「スズキ・スイフトRS」

今回のXGリミテッドは、「XG」をベースに、デュアルセンサーブレーキサポートなどを備えた「セーフティパッケージ」を標準装備。また、クロームメッキを施したフロントグリルや本革巻きステアリングホイールを採用するなど、内外装の質感向上を図っている。さらにLEDヘッドランプをメーカーオプション設定(6万4800円)した。価格はFF/5MT車が145万6920円、FF/CVT車は146万1240円、4WD/CVT車は161万5680円。

なお、セーフティパッケージレス仕様車も選択可能で、その場合はウレタンステアリングホイールとなり、価格はFF/5MT車とFF/CVT車が135万円、4WD/CVT車は160万4440円となる。

また、足まわりに欧州仕様のチューニングを施したRSには、FF仕様、4WD仕様の両方にCVT車を設定することで、より幅広いニーズに対応した。価格は前者が159万4080円、後者が174万8520円。セーフティパッケージ装着車は、それぞれ9万6120円高の設定となる。

(webCG)

関連キーワード:
スイフトスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.12.12 試乗記 新たにトルコン式の6段ATが搭載された、2ペダル仕様の「スズキ・スイフトスポーツ」。“元気モリモリ”のコンパクトスポーツをイージードライブで走らせるというのはアリなのか? 雨の中のドライブを経てたどり着いた結論を報告する。
  • スズキ・スイフトスポーツ 2017.9.13 画像・写真 スズキが「スイフトスポーツ」をフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、最高出力140psの1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載。「五感に響く刺激的なドライビング」を実現したという新型の姿を、写真で紹介する。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2017.11.8 試乗記 日本を代表するコンパクトスポーツ「スズキ・スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。動力性能も操縦性も乗り心地も、全方位的に進化を遂げた新型だが、2日間にわたる試乗体験ではいまひとつ留飲が下がらなかった。その理由とは?
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)/スイフトスポーツ(FF/6AT)【試乗記】 2017.10.6 試乗記 スズキのコンパクトスポーツモデル「スイフトスポーツ」がついにフルモデルチェンジ。車重1tを切る軽量ボディーに、パワフルでトルキーな1.4リッター直噴ターボエンジンを搭載した新型の走りやいかに? その実力をリポートする。
ホームへ戻る