スバルが「サンバーバン」と「ディアスワゴン」を一部改良

2017.11.14 自動車ニュース
「スバル・サンバーバン」
「スバル・サンバーバン」拡大

スバルは2017年11月13日、軽キャブバンの「サンバーバン」および「ディアスワゴン」に一部改良を実施し、販売を開始した。

「サンバーバン」のインテリア。
「サンバーバン」のインテリア。拡大
「ディアスワゴン」
「ディアスワゴン」拡大
「ディアスワゴン」のインテリア。
「ディアスワゴン」のインテリア。拡大

サンバーバンおよびディアスワゴンは、スバルがダイハツ工業からOEM供給を受けて販売する軽自動車である。今回の改良は、姉妹車にあたる「ダイハツ・ハイゼット カーゴ」と「ダイハツ・アトレーワゴン」のマイナーチェンジを受けて実施された。

サンバーバンにはABSを、ディアスワゴンにはVDCを標準装備としたほか、両車とも主要グレードに予防安全システムの「スマートアシストIII」を採用するなど、安全装備を強化した。

また、両車ともフロントマスクとリアバンパーまわりのデザインを刷新。インテリアについては、ブラック基調のデザインを採用し、質感の向上を図っている。

価格はサンバーバンが95万9040円~165万5640円、ディアスワゴンが156万0600円~181万4400円。

(webCG)

関連キーワード:
サンバー ディアスワゴンスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る