第11回:トヨタ・スポーツ800 vs ホンダS600<1965年>
スポーツカーの哲学と浮谷東次郎の求めた理想

2017.11.16 自動車ヒストリー パワーか、軽さか。2つの異なるアプローチで“速さ”を追い求めた往年の名スポーツカー「トヨタ・スポーツ800」と「ホンダS600」。サーキットでしのぎを削った両モデルの姿を、天才ドライバー 浮谷東次郎のエピソードとともに紹介する。

船橋サーキットの死闘

1965年7月、千葉県に船橋サーキットがオープンした。3年前に鈴鹿サーキットの営業が始まっていたが、ようやく首都圏にも自動車レースのできる施設が造られたわけだ。敷地面積は約3万坪と小さく、タイトなコーナーを組み合わせたテクニカルなコースレイアウトだった。オープニングを飾ったのは、「全日本自動車クラブ選手権」。この年、国内で最大のレースイベントとなった。

今でも語り草になっているのが、400ccから1300ccまでのGTカーが争う「GT-I」レースである。「ダイハツ・コンパーノ スパイダー」「日野コンテッサ」など40台がエントリーしていたが、注目を集めたのは2台のマシンだった。優勝するのは生沢 徹の「ホンダS600」と浮谷東次郎の「トヨタ・スポーツ800」のどちらかだと思われていたのである。

生沢と浮谷は無二の親友だったが、同時にお互いを最良のライバルだと考えていた。午前中に雨中で行われた「GT-II」レースでは、浮谷の「ロータス・エラン」がポール・トゥ・ウィンを決めている。2度続けて負けるわけにはいかない生沢は、雪辱を果たそうと意気込んでいた。

雨が上がった午後3時40分、GT-Iレースがスタートした。ポールポジションの生沢はパワーに勝る「アバルト・ビアルベーロ」にかわされたものの2位をキープ。4番手スタートの浮谷は1台抜いて生沢に勝負をしかける。5周目の最終コーナーでアクシデントが起きた。2台は接触し、浮谷のマシンはフロントフェンダーを変形させてしまう。へこんだフェンダーはタイヤに当たり、そのまま走ることはできない。予定外のピットインを強いられ、53秒ものハンディを負ってしまった。

1965年7月18日に開催された、第1回 全日本自動車クラブ選手権の様子。完成したばかりの船橋サーキットで行われた。
1965年7月18日に開催された、第1回 全日本自動車クラブ選手権の様子。完成したばかりの船橋サーキットで行われた。
日本におけるモータースポーツ黎明(れいめい)期に活躍した、レーシングドライバーの浮谷東次郎。一緒に映っているのは「ホンダS600」を競技向けに改造したもので、黒い塗装から“カラス”の愛称で親しまれた。
日本におけるモータースポーツ黎明(れいめい)期に活躍した、レーシングドライバーの浮谷東次郎。一緒に映っているのは「ホンダS600」を競技向けに改造したもので、黒い塗装から“カラス”の愛称で親しまれた。
浮谷東次郎がドライブした「トヨタ・スポーツ800」のレプリカ。
浮谷東次郎がドライブした「トヨタ・スポーツ800」のレプリカ。
あなたにおすすめの記事
新着記事