「日産フーガ」、仕様変更で静粛性が向上

2017.11.15 自動車ニュース

日産自動車は2017年11月15日、「フーガ」の一部仕様を変更し、同年11月28日に発売すると発表した。

日産の高級セダンであるフーガは、「セドリック/グロリア」の後継車種として、2004年10月に初代がデビュー。2009年11月にフルモデルチェンジを受け、現行型へとスイッチした。2.5リッターおよび3.7リッターのV6エンジン、そして3.5リッターV6エンジン+電気モーターのハイブリッドシステムと、全3種類のパワーユニットをラインナップする。

今回の仕様変更では、フロントガラス、フロントドアガラス、リアドアガラスに遮音ガラスを採用。静粛性の向上を図っている。

価格は「250GT Aパッケージ」の419万3640円から、「ハイブリッドVIP」の683万5320円まで。

(webCG)

「日産フーガハイブリッド」
「日産フーガハイブリッド」拡大

関連キーワード:
フーガ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2010.11.25 試乗記 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)
    ……641万5500円

    誕生から1年を経た2代目「フーガ」に、ハイブリッドバージョンが登場。日産が満を持して送り出す新型高級セダンは、どんな走りを見せるのか?
  • 日産シーマハイブリッドVIP G(FR/7AT)【試乗記】 2012.8.15 試乗記 日産シーマハイブリッドVIP G(FR/7AT)
    ……845万2500円

    「日産シーマ」が“フーガのストレッチバージョン”として復活。1モーター2クラッチ方式のハイブリッドシステムを携えた5代目は、初代のように“社会現象”を巻き起こせるか?
  • 2018ワークスチューニンググループ合同試乗会(前編:TRD/STI編)【試乗記】 2018.8.13 試乗記 TRD/STI/NISMO/無限という国内メーカー直系の4ブランドが、“峠道”のようなクローズドコースで合同試乗会を開催。まずはTRDがチューンした「クラウン」「ハイエース」と、STIのパーツをフル装備した「WRX STIタイプRA-R」「フォレスター」「インプレッサスポーツ」の走りをリポートする。
  • 日本が生んだ孤高のサルーン
    新型「センチュリー」はここがすごい!
    2018.8.10 デイリーコラム 2018年7月、3代目となる新型「トヨタ・センチュリー」の車両説明会が開かれた。脈々と作られてきた国内専用ショーファードリブンカーの、ほかの高級車では得がたい魅力とは何か? 試乗した印象も含めてリポートする。
ホームへ戻る