「日産フーガ」、仕様変更で静粛性が向上

2017.11.15 自動車ニュース

日産自動車は2017年11月15日、「フーガ」の一部仕様を変更し、同年11月28日に発売すると発表した。

日産の高級セダンであるフーガは、「セドリック/グロリア」の後継車種として、2004年10月に初代がデビュー。2009年11月にフルモデルチェンジを受け、現行型へとスイッチした。2.5リッターおよび3.7リッターのV6エンジン、そして3.5リッターV6エンジン+電気モーターのハイブリッドシステムと、全3種類のパワーユニットをラインナップする。

今回の仕様変更では、フロントガラス、フロントドアガラス、リアドアガラスに遮音ガラスを採用。静粛性の向上を図っている。

価格は「250GT Aパッケージ」の419万3640円から、「ハイブリッドVIP」の683万5320円まで。

(webCG)

「日産フーガハイブリッド」
「日産フーガハイブリッド」拡大

関連キーワード:
フーガ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • レクサスLS500h“バージョンL”(4WD/CVT)【試乗記】 2018.3.21 試乗記 11年ぶりのフルモデルチェンジで、従来モデルとは一線を画すキャラクターを手に入れた「レクサスLS」。すっかりドライバーズセダンとなった新型の走りは、往年のLSを知るクルマ好きの目にはどのように映るのか?
  • 「日産シーマ」がマイナーチェンジ 先進安全装備を搭載 2017.6.15 自動車ニュース 日産自動車は、「シーマ」をマイナーチェンジし、販売を開始した。今回のマイナーチェンジでは、前方衝突予測警報や後側方衝突防止支援システムなどの先進安全装備を全グレードで標準装備とした。
  • 日産シーマハイブリッドVIP G(FR/7AT)【試乗記】 2012.8.15 試乗記 日産シーマハイブリッドVIP G(FR/7AT)
    ……845万2500円

    「日産シーマ」が“フーガのストレッチバージョン”として復活。1モーター2クラッチ方式のハイブリッドシステムを携えた5代目は、初代のように“社会現象”を巻き起こせるか?
  • 日産フーガ 2009.11.24 画像・写真 2009年11月19日に2代目となった日産の高級車、「フーガ」の姿を写真で紹介する。
ホームへ戻る