「日産フーガ」、仕様変更で静粛性が向上

2017.11.15 自動車ニュース

日産自動車は2017年11月15日、「フーガ」の一部仕様を変更し、同年11月28日に発売すると発表した。

日産の高級セダンであるフーガは、「セドリック/グロリア」の後継車種として、2004年10月に初代がデビュー。2009年11月にフルモデルチェンジを受け、現行型へとスイッチした。2.5リッターおよび3.7リッターのV6エンジン、そして3.5リッターV6エンジン+電気モーターのハイブリッドシステムと、全3種類のパワーユニットをラインナップする。

今回の仕様変更では、フロントガラス、フロントドアガラス、リアドアガラスに遮音ガラスを採用。静粛性の向上を図っている。

価格は「250GT Aパッケージ」の419万3640円から、「ハイブリッドVIP」の683万5320円まで。

(webCG)

「日産フーガハイブリッド」
「日産フーガハイブリッド」

関連キーワード:
フーガ日産自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 日産フーガハイブリッド(FR/7AT)【試乗記】 2015.3.13 試乗記 日産のプレミアムセダン「フーガ」がエクステリアデザインの大幅な変更を伴うマイナーチェンジを受けた。最も人気の高いグレード「ハイブリッド」でその進化を確かめた。
  • 日産フーガ250GT(FR/7AT)【試乗記】 2010.3.11 試乗記 日産フーガ250GT(FR/7AT)
    ……523万9500円


    2009年11月に初のフルモデルチェンジを受けた「日産フーガ」。一見、“デザイン重視”で登場したかのように見える2代目だが、実際のところはどうなのか? 売れ筋の2.5リッターモデルを試した。
  • 日産フーガ250GT(FR/5AT)【試乗記】 2005.3.1 試乗記 日産フーガ250GT(FR/5AT)
    ……389万5500円

    19インチホイールを装着した3.5リッターモデルばかりが話題となっていた日産「フーガ」だが、今回は二玄社編集顧問大川悠が2.5リッターモデルに試乗した。そこには、日産の目指す新しいセダン像がより明確な形で表れていたのである。


  • レクサスLS500h“エグゼクティブ”/LS500“Fスポーツ”/LS500h“Fスポーツ”【試乗記】 2017.12.21 試乗記 11年ぶりにフルモデルチェンジした、レクサスのフラッグシップセダン「LS」の仕上がりは? 伊豆の峠道やクローズドコースで、ハイブリッドモデル「LS500h」と、新開発ターボエンジン搭載車「LS500」に試乗した。
  • 日産フーガ450GTスポーツパッケージ(FR/5AT)【試乗記】 2005.9.13 試乗記 日産フーガ450GTスポーツパッケージ(FR/5AT)
    ……610万500円

    日産の高級スポーティサルーン「フーガ」。新しく追加された、4.5リッターV8エンジンを搭載するトップグレード「450GT」に試乗した。


ホームへ戻る