ホンダの新サービス「EveryGo」開業で
日本のカーシェアリングに思うこと

2017.11.17 デイリーコラム

主なニーズは「クルマの試乗」?

ホンダが2017年11月9日に新しいサービス「EveryGo(エブリ・ゴー)」をスタートした。都市部を中心に誰でも気軽にホンダのクルマを利用できる会員制のレンタカーサービスで、まず東京と横浜でスタートし、来月は大阪でも展開を開始するという。

ホンダは同様のトライを2013年11月から東京で実証実験していた。そのときの名前は「ホンダカーズ・スムーズレンタカー」だった。実験の結果、「いける」という判断に至り、名前も一新してサービス開始となったようだ。

EveryGoの新しさについてホンダは、長時間利用が前提のレンタカーでありながら、好きなときにウェブサイトでクルマを予約し、無人のステーションから借り出せるという、カーシェアリングの利便性を組み合わせたことを挙げている。

会員証代わりにICカード運転免許証を活用し、予約したクルマの認証機器にICカード運転免許証をタッチするだけで解錠できるところも新鮮だ。利用時間は8時間が基本で、ウェブサイト上で延長手続きもできる。

車種は「フィット」や「フリード」などの上級グレードを中心としており、2017年9月に発売したばかりの新型「N-BOX」もラインナップに加えている。先進安全運転支援機能「Honda SENSING(ホンダ センシング)」の搭載車も導入することで、最新のホンダ車を体感してもらおうという気持ちがあるようだ。

以前、レンタルバイク大手の「レンタル819」に聞いたところでは、利用者の多くは購入を考えている車種の試乗が目的だそうで、退会の理由で最も多いのは「実際にバイクを買ったから」とのことだった。スマートでカーシェアリングを展開するダイムラーの「CAR2GO(カートゥーゴー)」の関係者にサービスについて尋ねると、「車両を購入する前にスマートの魅力を体感してほしい」という答えが返ってきた。

「EveryGo」のロゴマーク。クルマのシルエットが描かれている。
「EveryGo」のロゴマーク。クルマのシルエットが描かれている。
「EveryGo」では、PCやスマートフォンを介して、24時間いつでもカーシェアの予約ができる。(写真はオフィシャルサイト上のイメージ)
「EveryGo」では、PCやスマートフォンを介して、24時間いつでもカーシェアの予約ができる。(写真はオフィシャルサイト上のイメージ)
あなたにおすすめの記事
新着記事