ホンダが「オデッセイ」をマイナーチェンジ

2017.11.16 自動車ニュース
「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」
「ホンダ・オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」

本田技研工業は2017年11月16日、ミニバン「オデッセイ」にマイナーチェンジを実施。同年11月17日に発売すると発表した。

「オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」のリアビュー。
「オデッセイ ハイブリッド アブソルートEX Honda SENSING」のリアビュー。
今回のマイナーチェンジでは、運転支援システムの「ホンダセンシング」が標準装備された。
今回のマイナーチェンジでは、運転支援システムの「ホンダセンシング」が標準装備された。
2列目プレミアムクレードルシート。
2列目プレミアムクレードルシート。

今回のマイナーチェンジでは、運転支援システム「ホンダセンシング」を全グレードで標準装備化。ハイブリッド車については前走車追従機能付きクルーズコントロールを全車速対応とし(これまでは30km/h以上)、渋滞時などにおける運転負荷軽減を図った。

エクステリアについても手を加えており、フロントのバンパー、グリルの意匠を変更したほか、LEDフォグライトを標準装備。同時に、これまで「アブソルート」と標準モデルとで異なっていたデザインを一本化した。

このほかにもアルミホイールに新規デザインを採用。また、ボディーカラーには「コバルトブルー・パール」「プラチナホワイト・パール」の2色を新設定し、全7色のラインナップとした。

一方インテリアでは、一部グレードに設定される2列目プレミアムクレードルシートに大型ヘッドレストを採用。また足元にスマートフォンやペットボトルなどを収納できる小物入れを追加した。

価格は、ハイブリッド車が375万円から415万円、ガソリン車が298万円から365万3600円。

(webCG)
 

関連キーワード:
オデッセイホンダ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る