“現世ご利益”のあるサービスがようやく登場
老齢者介護の現場から“つながるクルマ”の未来を考える

2017.11.20 デイリーコラム

普通のクルマと普通のスマホがあればOK

読者諸兄姉の皆さまは、モーターショーなどで自動車メーカーやサプライヤーが紹介している“コネクテッドな未来”に、心をときめかせたことがあるだろうか? ぶっちゃけ、記者は一度もない。理由はカンタンで、実現が何年先かも分からん絵空事の未来に、実感が湧かないからだ。今をときめくIoTやらAIやらビッグデータやらについても、これまでは一歩引いたところから「ふーん」と眺めているだけだった。

ところが過日、「そろそろ、そうした意識は変えなきゃいかんかも」と思わせるサービスに出くわしてしまった。ダイハツが開発した介護施設向けの送迎支援システム、その名も「らくぴた送迎」である。

……画面の向こうから、「大風呂敷を広げておいて、ずいぶんミニマムな話だな」「竜頭蛇尾とはまさにこのこと!」なんて声が聞こえてきそうだが、いやしばし待たれい。石を投げるのは、せめてコラムを読み終わってからにしてください。

あらためまして、ダイハツが開発した「らくぴた送迎」は、デイサービスをはじめとした通所介護施設向けの送迎支援システムである。小難しい表現を使うと、「スマートフォンを使った簡易テレマティクスシステム」。特別な機器に頼ることなく、施設が所有するフツーのクルマで使えるところがミソとなっている。

主な機能は2つ。ひとつは、送迎計画の自動作成機能だ。これまでは、一部の職員が長年の経験とカンを頼りに作っていた送迎の運行スケジュールを、送迎の利用者と使用するクルマを登録するだけで、システムが「ポン」と作ってくれるようになったのだ。蓄積された運行記録を活用すれば、送迎ルートの見直しや、車両台数の削減も図ることができるという。

もうひとつが、ダイハツが「国内初!」と高らかにうたう、介護施設と送迎車との相互連携機能だ。システムによって自動生成された送迎計画は、スマートフォンを介して各ドライバーの間で共有される。しかも、その後の運行状況や介護者のキャンセル通知なども、皆がリアルタイムで共有できるのだ。

「らくぴた送迎」の説明会は、マイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ハイゼット カーゴ」「アトレーワゴン」の発表会とあわせて実施された。写真は会場に展示された福祉車両の「アトレー スローパー」。
「らくぴた送迎」の説明会は、マイナーチェンジを受けた「ダイハツ・ハイゼット カーゴ」「アトレーワゴン」の発表会とあわせて実施された。写真は会場に展示された福祉車両の「アトレー スローパー」。拡大
「らくぴた送迎」について説明する、ダイハツ工業 法人事業部の谷本敦彦部長。ダイハツでは自動車事業に代表される「モノづくり」に加え、利用者との接点拡大に向けた「コトづくり」にも注力。今回の送迎支援システムも、後者の一環として開発された。
「らくぴた送迎」について説明する、ダイハツ工業 法人事業部の谷本敦彦部長。ダイハツでは自動車事業に代表される「モノづくり」に加え、利用者との接点拡大に向けた「コトづくり」にも注力。今回の送迎支援システムも、後者の一環として開発された。拡大
システムの核となる施設側PCの画面の一例。ご覧の通り、GPSにより送迎の運行状況も確認できるのだが、そのGPSが携帯端末のものか、車載機器によるものかは確認しそびれてしまった。無念……。
システムの核となる施設側PCの画面の一例。ご覧の通り、GPSにより送迎の運行状況も確認できるのだが、そのGPSが携帯端末のものか、車載機器によるものかは確認しそびれてしまった。無念……。拡大
あなたにおすすめの記事
新着記事