第159回:サーキットの地下で不運な男たちが現金を狙う
『ローガン・ラッキー』

2017.11.17 読んでますカー、観てますカー

ソダーバーグが4年ぶりに映画に復帰

朗報と言わねばなるまい。スティーブン・ソダーバーグが帰ってきたのだ。1989年に『セックスと嘘とビデオテープ』で衝撃的なデビューを果たし、『オーシャンズ』シリーズなどでヒットを飛ばした。際立った作家性を持ちながら商業的に成功させる術(すべ)も知る売れっ子監督となっていたが、2013年の『サイド・エフェクト』を最後に映画から手を引くと表明していたのである。

映画界の状況を見て、先がないと考えたのだ。アメコミ原作のシリーズ化ばかりが目立つようでは、彼がやる気をなくしたのも仕方がない。映画より見込みがあると考えて選んだのがテレビだった。地上波ではなく、ケーブルテレビである。CMが入らないのでスポンサータブーがなく、視聴者が選択して金を支払う方式だから自由な表現が許される。資金が豊富で、映画のように2時間にまとめる必要もない。『ハウス・オブ・カード』や『ブレイキング・バッド』といった作品が、日本でも人気となっている。

ソダーバーグが映画復帰を決めたのは、優れた脚本に出会ったからだという。書いたのはまったくの新人であるレベッカ・ブラント。初めて脚本を仕上げてみたものの、どうすれば映画にできるのかわからない。彼女はツテを頼り、どの監督に頼めばいいかアドバイスしてほしいとソダーバーグに相談した。一読して彼は自分でメガホンを取りたいと申し出る。ほかの監督に取られたくなかったのだ。

この経緯自体がまるで映画のシナリオのようだ。ソダーバーグが4年ぶりに新作映画を撮ると聞いて心が動かない俳優はいない。チャニング・テイタム、ダニエル・クレイグ、アダム・ドライヴァー、ヒラリー・スワンクといった豪華メンバーが参加することになった。

(C)2017 Incarcerated Industries Inc. All Rights Reserved.
(C)2017 Incarcerated Industries Inc. All Rights Reserved.拡大
 
第159回:サーキットの地下で不運な男たちが現金を狙う『ローガン・ラッキー』の画像拡大
鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。

あなたにおすすめの記事
新着記事