クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

Dyson V7 Car+Boat vol.2

ダイソンは吸引するアートだ! 2017.11.24 CAR LIFE with Dyson season2<PR> モータージャーナリストの清水草一が「Dyson V7 Car+Boat」で愛車「フェラーリ328GTS」の掃除に挑戦! 今回はバチ当たりにも、大事なフェラーリ様をあえて汚し、気合で臨んだ。プライベートでダイソンを愛用する清水が、新型の使い心地をリポートする。

ダイソンの掃除機にはフェラーリ的エロスがある

フェラーリ。それは数々の神話に包まれた、自動車界のウルトラ頂点……。

ウルトラ頂点だけに、世間にはさまざまな誤解がまん延している。いわく、「維持費が莫大(ばくだい)」「故障は当然」「盗難が心配」等々。

そういった誤解のひとつに、「お掃除が大変でしょ?」というのがある。理由は「フェラーリだから」。フェラーリはすべてが大変だと、世間様は思い込んでいるのだ。実に大変な誤解である。

掃除など大変ではない。というかほとんどしない。なぜなら汚れないから! 雨が降ったら乗らないし、ダートを激走するわけでもないのに、なぜクルマが汚れるのか? もちろん保管は屋根付き車庫+ボディーカバー2枚重ね。汚そうと思っても汚れないのがフェラーリ様なのだ。

そんな私のもとに、「ダイソンのコードレスハンディクリーナーで、フェラーリの室内清掃をしませんか」というお誘いが来た。汚れてないのに何をどう掃除するのか、と思ったものの、実はワタクシ、プライベートでダイソン掃除機のユーザーなのである。家庭用のコード付きですけど、あの「キュイィィィィ~~~~~ン」とでも形容すべき独特のビートと強力な吸引力には、日々エロスを感じていた。

機械は時にエロスを発する。その代表がフェラーリエンジンだ。おかげで11台も買ってしまった。あるいはH2Aロケットの打ち上げ音。おかげで4 回も種子島に行ってしまった。

とにかくダイソンの掃除機にはフェラーリ的エロスがある。しかもダイソンはEVへの参入も表明している。この提案、受けて立たねばなるまい!

よし、今回はいつもの首都高一周ドライブの際、カーマニアの聖地・辰巳PAで休憩し、フェラーリの車内ででっかいおせんべを食べよう! で、思いっきり食べこぼそう! こんな機会でもないとそんなことやらないから。人生すべて一期一会。ダイソンコードレスクリーナーと、我が赤い玉号・328GTSとの出会いに乾杯だ。

清水草一氏の愛車。“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」。
清水草一氏の愛車。“赤い玉号”こと「フェラーリ328GTS」。拡大
走行距離を伸ばしたくないという理由からめったに動かさないが、今回はダイソンの威力を試すため、特別に出撃した。首都高だけど。
走行距離を伸ばしたくないという理由からめったに動かさないが、今回はダイソンの威力を試すため、特別に出撃した。首都高だけど。拡大
強力な吸引力とコードレスが特徴の「Dyson V7 Car+Boat」なら、繊細なデザインが自慢のフェラーリの掃除だってどんと来いだ。あんまり汚れてないけど。
強力な吸引力とコードレスが特徴の「Dyson V7 Car+Boat」なら、繊細なデザインが自慢のフェラーリの掃除だってどんと来いだ。あんまり汚れてないけど。拡大
でっかいおせんべは、オレの顔より大きかった!
でっかいおせんべは、オレの顔より大きかった!拡大
フェラーリの中で、でっかいおせんべを食べる! そうでもしないと、フェラーリは永遠に汚れないので。
フェラーリの中で、でっかいおせんべを食べる! そうでもしないと、フェラーリは永遠に汚れないので。拡大

美とパワーを備えた吸引するアート

というわけで、本日は赤い玉号で首都高ドライブを満喫しました。満喫といっても走行距離は50kmくらいですが、フェラーリ様は乗ると減る(下取りが下がる)クルマなので、それくらいが適切なのです。

しかも本日は辰巳PAででっかいおせんべを食べ、室内に思い切り食べこぼしてしまった。この、血のように赤いカーペットの上や、雪のように白い本革シートの上に、盛大におせんべのカスが落ちてしまった。それをダイソンコードレスクリーナーでバリバリと吸い取ってやろうというわけだ。

まずはシートの上。ステッチの部分におせんべのカスがたまっている。24年間フェラーリ様に乗ってますが、こんなバチ当たりなことをしたのは初めてです。破戒の快楽。

さて、ダイソンコードレスクリーナーの吸引はいかがなものか。

と思ったが、私は吸引力より先に、まずそのスタイリングに目を奪われてしまった。

こ、これは……。美しい。なんて美しい掃除機だ! 我が家のコード付きも美しいが、コードレスはさらに凝縮感が高い。自動車デザイン用語だと「カタマリ感」というヤツですか?


上部は女性的にまろやかな曲線を描きつつ、全体のフォルムはマシンガンのように攻撃的だ。フェラーリ的に言えば「美とパワー」。疾走するアートじゃなく吸引するアート。この機能美。見事だ。見事すぎる!

はっきり言おう。この掃除機はカッコだけで十分です。フェラーリ様もカッコだけで十分という方がたくさんいらっしゃいますが、それと同じ。吸引力なんざどうでもいい!

といってもそこはダイソン。吸引力もすごい。吸い込み口を近づけるだけで、おせんべのカスがスポッと吸い込まれ、「カラカラカラ!」という高らかな音とともに、透明なクリアビンを回転する。ゴミが立てる音すらエロチック!

ダイソンのコードレスハンディクリーナーは0.3ミクロンもの微細粒子を99.97%以上キャッチするという。細かいチリまで一網打尽、気分はスナイパーだ。
ダイソンのコードレスハンディクリーナーは0.3ミクロンもの微細粒子を99.97%以上キャッチするという。細かいチリまで一網打尽、気分はスナイパーだ。拡大
シートの縫い目に入ったおせんべのカスは隙間ノズルで。オォォォォ~~!! キレイに吸い取っている!
シートの縫い目に入ったおせんべのカスは隙間ノズルで。オォォォォ~~!! キレイに吸い取っている!拡大
センターコンソールの奥もゴミがたまるポイント。隙間ノズルで隅々までキレイにしよう。
センターコンソールの奥もゴミがたまるポイント。隙間ノズルで隅々までキレイにしよう。拡大
延長ホースが伸びる伸び~る。腕の届きにくい場所もラクラクだ。
延長ホースが伸びる伸び~る。腕の届きにくい場所もラクラクだ。拡大
ミニ ソフトブラシに交換すれば、エアコンの吹き出し口に付いたホコリも一瞬でおさらばだ。
ミニ ソフトブラシに交換すれば、エアコンの吹き出し口に付いたホコリも一瞬でおさらばだ。拡大

ゴミ処理もカンタン&衛生的

さらには、普通のコードレス掃除機だとゴシゴシしないと取れないような、カーペットに半分からみついたおせんべのカスも、ゴシゴシせずともスポンと吸い込まれていく。まぁさっきこぼしたばっかりですけどね。でも仮に30年前のおせんべのカスでも、専用のハードブラシに付け替えれば吸い取れることでしょう。

この掃除機には、7つの付属ツールがある。場所に合わせて付け替えれば、まさに無敵。無敵の吸引力である。

バッテリーの運転時間は最大30分。しかし赤い玉号の室内清掃はあっという間に終了してしまった。なんせもともと汚れてないもんで……。うーん、せっかくなので隅から隅までゴミやホコリを吸い取ってやる! 吸引力を「強」モードにして、そのフルパワーを満喫だ! う~ん気持ちイイ!

「強」モードでの運転時間は最大6分。思い切りバリバリ吸わせていたら、さすがのダイソンもバッテリー切れとなった。が、心配はいらない。カーチャージャーが付属しているからである。

我が328のシガーライターは、キーをONにしなくても、差し込むだけで常時電源ON。昔のクルマですので。

カーチャージャーをシガーソケットに差し込むだけで、ダイソンは息を吹き返した。バリバリ回る! それは、我がフェラーリ328GTSと、ダイソンコードレスハンディクリーナーとが、ひとつにつながった瞬間だった。赤い糸でしょうか。

お掃除終わって日が暮れて、エロチックな室内清掃も終了。クリアビンを開けてみよう。

我が家のダイソンを通じて知ってはいたが、ダイソンのゴミ処理は実にカンタン&衛生的。ボコンとはずすだけでゴミがザッと下に落ちる。これがまた快感なのだ。

汚れていないと思っていたが、意外にも落ちたゴミには、おせんべのカスだけでなく、目に見えない微細なホコリや赤いカーペットくずが混じっていて驚いた。こんなに取ってくれてたんですね! ありがとうダイソン!

(文=清水草一/写真=池之平昌信)

ミニ モーターヘッドは髪の毛や微細なホコリ、フロアに落ちたゴミもグングン吸い取ってくれた。
ミニ モーターヘッドは髪の毛や微細なホコリ、フロアに落ちたゴミもグングン吸い取ってくれた。拡大
無敵の吸引力でフロントフード下の隙間に入った汚れもキレイに。
無敵の吸引力でフロントフード下の隙間に入った汚れもキレイに。拡大
カーチャージャーをシガーソケットに差し込むだけで、充電が可能。電池残量を気にすることなく、掃除ができるのはいい。
カーチャージャーをシガーソケットに差し込むだけで、充電が可能。電池残量を気にすることなく、掃除ができるのはいい。拡大
お掃除完了! 隅から隅までバッチリキレイ。合格!
お掃除完了! 隅から隅までバッチリキレイ。合格!拡大
新型はクリアビンのレバーを引くだけでスポンとゴミが落ちる仕組み。ゴミの排出がより簡単にできて、衛生的だ。合格!
新型はクリアビンのレバーを引くだけでスポンとゴミが落ちる仕組み。ゴミの排出がより簡単にできて、衛生的だ。合格!拡大