最新世代の「日産プロパイロット」を体験
自動運転技術の進化で見えた今後の課題とは?

2017.11.22 デイリーコラム

センシング能力を大幅に強化

移転しそうでなかなかしない新市場が無機質なまま存在するいっぽう、東京オリンピックの選手村建設に伴うさまざまな開発が進む東京・豊洲地区。ここを拠点にして、日産が開発を進めている「新世代プロパイロット」(自動運転技術)を搭載した実験車両の公道同乗試乗会が開催された。先に感想を言うと、スムーズでスマートな自動運転っぷりに感心した。開発したのが無資格検査問題でゴタゴタが続いている日産だということを考えると、とても対比的に思えた。現在、自動車メーカーは自動運転関連技術の開発競争や主導権争いを激しく展開している。この分野を制する勢力が先進国市場を制し、出遅れた勢力が他に飲み込まれることが想像できる。日産も、“守る部門”が謝罪の文面を考えている横で、“攻める部門”は開発のペースを上げたはずだ。

これまで同社の自動運転関連の公道実験車両は「リーフ」だったが、新世代のプロパイロット技術が盛り込まれた「インフィニティQ50(日本名:日産スカイライン)」が加わった。市販車では「セレナ」「エクストレイル」、そしてリーフに採用される現在のプロパイロットは、(センサーは)フロントカメラ1個のみによって設定車速内で先行車との車間距離を一定に保つよう制御するほか、車線中央を走行するようドライバーのステアリング操作を支援する機能をもつ。これに対しこのQ50は、12個のカメラと12個のソナー、9個のミリ波レーダー、6個のレーザースキャナー、そして高精細(HD)マップを使い、車両の周囲360度の情報と自車の正確な位置を把握し、複雑な道路環境での自動運転を可能とするという。

まずは豊洲の一般道をスタート。ドライバーを務めるのは日産の電子技術・システム技術開発本部/AD&ADAS先行技術開発部長の飯島徹也氏。信号を守って交差点をクリアした後、首都高へ。首都高の加速車線は短い。この日、本線は渋滞ではないが交通量は多め。Q50は1台の車両と数m並走したかと思うとほんの少し速度を下げ、そのクルマの後ろへすっと入って本線へ合流した。スムーズな動きだった。

合流に際し、まずターゲットとなる車両を決めて並走しながら、その車両と後続車両との車間を検知し、そこへ入るアルゴリズムが盛り込まれている。まだ完璧ではなく、本線を走行する車列の車間があまりに短いと検知できず、そのうちに加速車線が終わって停止するか、ギブアップサインを出すことになる。また、本線を走行する車両の流れがあまりに遅い(15km/h未満)と、システムはそれを車列とは認識できず、単に壁か何かと判断してしまい、合流できないそうだ。

最新世代の「プロパイロット」を搭載した「日産インフィニティQ50」。
最新世代の「プロパイロット」を搭載した「日産インフィニティQ50」。
車両の前後左右に、12個のカメラと12個のソナー、9個のミリ波レーダー、6個のレーザースキャナーを搭載している。
車両の前後左右に、12個のカメラと12個のソナー、9個のミリ波レーダー、6個のレーザースキャナーを搭載している。
あなたにおすすめの記事
新着記事