ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始

2017.11.20 自動車ニュース
「ポルシェ718ボクスターGTS」(左)と「718ケイマンGTS」(右)。
「ポルシェ718ボクスターGTS」(左)と「718ケイマンGTS」(右)。拡大

ポルシェ ジャパンは2017年11月17日、「718ボクスター/ケイマン」に追加された新モデル「GTS」の価格を発表。予約受注を開始した。

「718ボクスターGTS」
「718ボクスターGTS」拡大
 
ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始の画像拡大
 
ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始の画像拡大
「718ケイマンGTS」
「718ケイマンGTS」拡大
 
ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始の画像拡大
 
ポルシェが「718ボクスターGTS」「718ケイマンGTS」の予約受注を開始の画像拡大

高められた走りと黒いアクセントが特徴

718ボクスターGTSおよび718ケイマンGTSは、エンジンの高出力化や走りに関連する装備の強化などが図られた、718ボクスター/ケイマンの高性能バージョンである。

2.5リッター4気筒水平対向エンジンについては、新開発のインテークダクトの採用や、ターボチャージャーの改良などにより、最高出力を365psに、最大トルクを430Nmに向上(「ボクスターS/ケイマンS」では350psと420Nm)。トランスミッションには6段MTと7段デュアルクラッチ式AT「PDK」を用意している。

また、スポーツクロノパッケージや機械式リアディファレンシャルロックを備えた「ポルシェ トルクベクタリング プラス」(PTV Plus)、車高を10mm低く設定する「ポルシェ アクティブサスペンション マネージメントシステム」(PASM)など、通常はオプション扱いとなっている多数の装備を標準で採用。PDK仕様では0-100km/h加速が4.1秒、最高速が290km/hという動力性能を実現している。

デザインによる差別化も図っており、エクステリアではヘッドランプやリアコンビランプ、各部のロゴ、リアエプロン、テールパイプ、そしてサテンフィニッシュの20インチホイールなどを、いずれもブラックでコーディネート。フロントには専用デザインのバンパーも採用している。

一方インテリアでは、ほかのポルシェGTSモデルと同じく、センタートリムにアルカンターラを使用したスポーツシートを標準装備。ステアリングホイールやセンターコンソール、アームレストなどにもアルカンターラを用いている。

価格は以下の通り。

  • 718ケイマンGTS(6段MT):993万円
  • 718ケイマンGTS(7段PDK):1053万2000円
  • 718ボクスターGTS(6段MT):1032万円
  • 718ボクスターGTS(7段PDK):1092万2000円

ハンドル位置は基本的に右のみで、左ハンドルモデルの受注予約は、2017年12月17日までの期間限定となっている。

(webCG)
 

関連キーワード:
718ケイマン718ボクスターポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラT(RR/7MT)【レビュー】 2018.5.22 試乗記 徹底した軽量化やパワートレインの変更などにより、強烈なドライビングプレジャーを追求したという「ポルシェ911カレラT」。母国ドイツの道でむちを当ててみると、一段と凝縮された“911のよさ”を味わうことができた。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.28 試乗記 新世代プラットフォームを基に開発された、第3世代の「ベントレー・コンチネンタルGT」にオーストリアで試乗。ベントレーの伝統を継承しつつ革新的な進化を目指したという新型は、驚くほどシャープなモデルに仕上がっていた。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)【試乗記】 2018.3.19 試乗記 「ポルシェ911 GT3」の最新モデルに試乗。“寄らば斬るぞ”と言わんばかりのド派手な空力パーツと、GT3カップカーからデチューンすることなく移植したという4リッター自然吸気フラットシックスユニットを備えた、公道のレーシングカーの実力とは?
  • 谷口信輝の新車試乗――フェラーリ812スーパーファスト(前編) 2018.6.14 mobileCG 最高出力800psを誇る“跳ね馬”「812スーパーファスト」に、レーシングドライバー谷口信輝が試乗。「史上最強・最速のロードゴーイング・フェラーリ」とうたわれるスーパースポーツの印象を報告する。
ホームへ戻る