第10回:直木賞がニッポンの復興を応援する! 熱血下町エンジン会社物語
『下町ロケット』

2011.08.26 エッセイ

第10回:直木賞がニッポンの復興を応援する!熱血下町エンジン会社物語−『下町ロケット』

『下町ロケット』(小学館)
第10回:直木賞がニッポンの復興を応援する! 熱血下町エンジン会社物語−『下町ロケット』

震災後という状況が受賞を後押し?

第145回直木賞は、池井戸潤の『下町ロケット』に決まった。「はやぶさ」人気に便乗した宇宙開発夢物語ものかと思いきや、最先端技術をめぐる企業間の争いを描いた社会派小説だった。自動車エンジンの特許を持つ町工場が、大企業のロケット開発を左右するという話だから、クルマ好きは楽しめるはずだ。

半年前の第144回芥川賞・直木賞は、お祭り騒ぎだった。久しぶりの両賞あわせて4人の受賞者というのもにぎやかだったが、芥川賞の二人が企んだような見事な対照を見せたのが勝因である。由緒正しいフランス文学家系のお嬢様、朝吹真理子のたぐいまれな才能には驚嘆したが、それ以上に無頼派西村賢太のキャラがマスコミを席巻した。中卒で肉体労働者、暴行傷害で逮捕歴ありという濃い経歴で、迫力ある巨体も絵になる。フーゾク好きを公言するあけっぴろげさもプラスに働いた。

その反動か、今回はまったく盛り上がりに欠けた。芥川賞は1年半ぶりに受賞作なし。選考委員の顔ぶれを見ると、新しい小説を読む能力に欠けた人もいるから、本当にいい作品がなかったのかどうかはわからない。誠実に新しい才能を見つけようとする姿勢のあった池澤夏樹が今回で辞めてしまうので、これから先はさらに悪い状況になるだろう。「15年務め、自分の中で任期満了という気持ちになった」との退任理由は、同じ期に選考委員になったあの老人に引退を促す意味もあるのかもしれない。趣味のオリンピック誘致に専念していてくれよ、と。

直木賞は、目立った反対意見もなく、すんなり受賞が決まったらしい。池井戸潤は、1998年のデビューで、今年48歳。江戸川乱歩賞、吉川英治文学新人賞の受賞歴がある。直木賞はこれまでに2度候補作になりながら落選しているので、潮時という雰囲気もあっただろう。それ以上に、震災後という状況がこの作品の受賞を後押しした面があるようだ。中小企業の活力を描き、ものづくりニッポンを礼賛するかのような物語である。『週刊ポスト』に連載されたのは2008年から2009年にかけてなのだが、たくまずして復興を応援する作品になっている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。