高性能化だけが正解なのか?
バッテリーの進化にEVの未来を思う

2017.11.27 デイリーコラム

電気自動車の走行距離が2倍に?

韓国のサムスン電子が、現行のリチウムイオン電池の2世代先のものとされる、リチウム空気電池の開発に乗り出すという。これにより、電気自動車(EV)の一充電走行距離を2倍に伸ばすことができるそうだ。現行のリチウムイオン電池を搭載する「日産リーフ」を例に挙げれば、現状JC08モードで400kmであるところを、800kmにできる計算となる。

サムスンのリチウム空気電池は、負極側に金属リチウムを用い、正極側の酸素との化学反応によって電気を生じさせる。正極側に小さな穴をたくさん持つカーボンナノチューブを用いれば、より多くの空気と反応できるため、電池の容量を増大させることができる。だが、これは研究段階での可能性が見え始めたばかりで、実用化のめどがたっているわけではない。

一方トヨタでは、2020年代の前半にリチウムイオン電池の電解液を固体の電解質に置き換えた、全固体電池の実用化を目指すとしている。現在のリチウムイオン電池の電解液は、液体というより粘度のあるゼリー状となっているが、それでもクルマへの搭載方法によっては、電解液が偏りを起こす懸念があり、それによって電池の劣化が進む。これに対し、電解質が固体となれば偏りがなくなるため、電池が常に理想状態で充放電を繰り返せることになり、本来の性能を発揮できるようになる。

もちろん、充放電が繰り返されることによる電極の結晶構造の劣化と、それに伴う電池の性能低下がまったくなくなるわけではない。とはいえ、液体の電解液に比べ、劣化を遅らせることにはつながるという。

2代目「日産リーフ」に搭載される、リチウムイオン電池。フォルクスワーゲンの「e-ゴルフ」やBMWの「i3」と、今日における多くの電気自動車は、バッテリーにリチウムイオン電池を採用している。
2代目「日産リーフ」に搭載される、リチウムイオン電池。フォルクスワーゲンの「e-ゴルフ」やBMWの「i3」と、今日における多くの電気自動車は、バッテリーにリチウムイオン電池を採用している。
レトルト食品のパウチのように見えるこちらは、先代「日産リーフ」のバッテリーセル。中身は液状の電解質で満たされている。全固体電池とは、液状ではなく固体の電解質を用いた電池のことをさす。
レトルト食品のパウチのように見えるこちらは、先代「日産リーフ」のバッテリーセル。中身は液状の電解質で満たされている。全固体電池とは、液状ではなく固体の電解質を用いた電池のことをさす。
あなたにおすすめの記事
新着記事