復活したホンダのビッグネーム
新型「シビック」に注目せよ!

2017.11.24 デイリーコラム

これ抜きにホンダは語れない

久々の日本市場投入となる、新型シビックの試乗会に参加した。待合スペースにある大きなモニターには、新型シビックのプロモーション用の動画が流されていた。ぼんやりと眺めていると、おや? そこに出演しているのは、ロックバンド「ONE OK ROCK」のメンバーではないか。おやおや、アニメーターの庵野秀明まで出ている……と驚いた。若い世代にカリスマ的な人気を誇る大物2組の起用に、新型シビックにかけるホンダの本気度がうかがえた。気になる方は『YouTube』のホンダのオフィシャルチャンネルを。「Go, Vantage Point.」のタイトルで公開されている。

試乗の後には、新型シビックの開発メンバーと懇談する機会を得た。そこで感じたのは、スタッフ自身のシビックに対する強い思いだ。「シビックが売れなくなると、ホンダは本当にまずいことになる」「シビックは保守的になったのではないかとよく聞かれる」「危機感がある」「チャレンジしなくてはならない」という言葉を何度も耳にした。2010年に販売が終了していることを知る国内ユーザーの目線からすれば、「もう終わったクルマに、何をいまさら?」という感もなきにしもあらず。

しかし、ホンダの側からすれば、シビックは今もバリバリの最重要車種なのだ。シビックは日本での販売が終了した後も世界170カ国以上で販売されているのであり、2016年にホンダが達成した「世界生産累計1億台」のうち4分の1がシビックだったのだ。

実際に海外のモーターショー取材をすると、どこでもシビックは主役の扱い。今はまだ世界で売れているシビックだが、万が一かつての日本国内のように衰退するならば、ホンダは死活問題に直結するほどのダメージを受けることになるだろう。それだけに、ホンダにとってシビックにかける熱量はいやがうえにも大きくなる。また、ホンダの主力モデルであるシビックを知ることは、そのまま今のホンダを知る大きな手掛かりとなる。逆に、シビック抜きでは、ホンダの真の姿を見失ってしまうはずだ。

新型「ホンダ・シビック」。写真は、報道関係者向けに開催された試乗会でのひとこま。
新型「ホンダ・シビック」。写真は、報道関係者向けに開催された試乗会でのひとこま。拡大
2017年3月に開催されたジュネーブモーターショーのホンダブースは、「シビック」が主役。多くの来場者の注目を集めていた。
2017年3月に開催されたジュネーブモーターショーのホンダブースは、「シビック」が主役。多くの来場者の注目を集めていた。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックセダン 2017.7.27 画像・写真 新型「ホンダ・シビック」シリーズの中でも最もフォーマルな装いのセダン。オプションの「レザーパッケージ」が装着されたモデルと、ベーシックなファブリックシートのモデルの2台のディテールを、写真で紹介する。
  • ホンダ・シビック タイプR 2017.7.27 画像・写真 最高出力320psの2リッターターボエンジンを搭載した新型「ホンダ・シビック タイプR」。ニュルブルクリンク北コースで7分43秒80というタイムを記録したハイパフォーマンスモデルの姿を、迫力の空力パーツとともに紹介する。
  • メルセデス・ベンツG550(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【試乗記】 2018.7.17 試乗記 今やアイコン的存在となっているメルセデス・ベンツのクロスカントリーモデル「Gクラス」。新設計のボディーやフロント独立懸架の足まわりを得て、劇的な進化を遂げたというニューモデルの出来栄えを、“オン”と“オフ”の両方で確かめた。
ホームへ戻る