第432回:ノーリスク・ノーライフ 自動車から何を学べるのか? 原発問題

2011.08.25 エッセイ

第432回:ノーリスク・ノーライフ自動車から何を学べるのか? 原発問題


第432回:ノーリスク・ノーライフ 自動車から何を学べるのか? 原発問題

いまこそ“選択”のとき

いやはやつくづく考えさせられましたよ。原発問題。この数カ月、ずっと頭に引っかかって、モヤモヤしたまま過ごしてきたわけだけど、ちょっとだけ見えてきた部分がある。これが意外と自動車問題に近く、学べる部分があるかも? ということだ。

結局のところ、人生ってメリットとリスクのバランスなのよね。もちろん、交通問題と原発ではレベルが違うし、基本反対なわけだけど両者は、くしくもメリットとリスクがない交ぜになった“両刃の剣”と呼べる点で似ている。しかも、どちらもハイテクの塊。
つまり、そのバランスをどう取るのかって問題なのだ。そして日本人は、残念ながらそれが決定的にヘタだと思う。というかリスクのとらえ方、本質がわかってないように思うのだ。

自分自身、自動車メーカーに入っていたのでわかるが、これらは共に理系に人気の花形職業で、今まで主にメリットのほうを享受してきた。
かたや「(安全管理を除けば、)安価かつ安定的に電気を生む夢の発電方法」で、かたや「時間や場所を選ばず、自由に人や荷物を運べる夢の運搬方法」。どっちも日本人にとっては得意分野だったわけよね。EVなんかは長らく原発とセットで考えられてきたわけだし。

そしてどちらも今になってリスクというかデメリットの面がクローズアップされている。原発は今さらながら災害時の爆発やメルトダウンの問題と、それ以上に深刻なのが半減期数万年ともいわれる放射性廃棄物の問題で、技術が進化したらイッキに浄化できると考えている人もいるようだけど、以前はコンクリート等で固めて地中深くか海に沈めていたわけだし、再処理しても高レベル廃液は残る。決定的な解決方法は、現状ほぼない。

なによりも放射能飛散に関しては本当に……よくわからない。「微量ならよし」って考えは、本当に悪魔のささやきで、飛びついてしまいたくなるが、時々恐怖に襲われる。子供のことを考えると暗澹(あんたん)たる気持ちになる人も多いだろう。軽いノイローゼになる場合もあるはず。

だからこれから俺たちはいろんな意味で“選択”していかなければいけないわけだ。脱原発か、徐々に減らしていくのか、そのまま行くのか。放っておくと、ノラリクラリと利益団体に誘導される可能性もあるわけで、本当にひとりひとりが自分の意見を持つべきだと思う。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』