第69回:跳ね馬を2000台直したメカ

2017.11.28 カーマニア人間国宝への道

31歳、再生の時

激軽ステアリング問題は、金髪リーゼントの酒井君の活躍によりおおむね解決。いよいよ最後の仕上げとして、赤い玉号はアリアガレージ工場に入庫したのであった。

実は到着直後、工場長の平澤雅信氏(跳ね馬を2000台直したメカ)に、「左上のブレーキランプが切れてますよ」と指摘された。

オレ「あれ? 右上じゃなくですか?」

平澤「左上ですね」

右上が切れてタマ替えてもらったばっかりなのに、今度は左上か~。ランプ切れのまま走ると整備不良で違反になるが、ブレーキランプが上下に分かれている時は、上下どっちかついてりゃ大丈夫なのかな?

わからないが、とにかく赤い玉号は30歳。いや間違えた31歳。人間の年齢だと93歳くらい。そりゃタマも切れるし赤いのも出る!

ということで、車高アップとアライメント調整プラス、タマ交換を敢行してもらうべく、赤い玉号は横浜・都筑の地にしばし滞在するのであった。

“赤い玉号”はアリアガレージにお世話になることになった。工場長の平澤雅信氏と筆者。
“赤い玉号”はアリアガレージにお世話になることになった。工場長の平澤雅信氏と筆者。拡大
右上のブレーキランプが切れていた時の状態。
右上のブレーキランプが切れていた時の状態。拡大
清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本でただ一人の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算47台、うち11台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

あなたにおすすめの記事
新着記事