ダイハツ、インドネシアでコンパクトSUVの新型「テリオス」を発表

2017.11.24 自動車ニュース
インドネシアで発表されたダイハツの新型「テリオス」。
インドネシアで発表されたダイハツの新型「テリオス」。拡大

ダイハツ工業のインドネシアにおける現地法人であるアストラ・ダイハツ・モーター社(以下、ADM)は2017年11月23日、コンパクトSUVの「テリオス」をフルモデルチェンジし、新型を発表した。

 
ダイハツ、インドネシアでコンパクトSUVの新型「テリオス」を発表の画像拡大
 
ダイハツ、インドネシアでコンパクトSUVの新型「テリオス」を発表の画像拡大
 
ダイハツ、インドネシアでコンパクトSUVの新型「テリオス」を発表の画像拡大
 
ダイハツ、インドネシアでコンパクトSUVの新型「テリオス」を発表の画像拡大
 
ダイハツ、インドネシアでコンパクトSUVの新型「テリオス」を発表の画像拡大
インドネシアで催された発表会の様子。
インドネシアで催された発表会の様子。拡大

現地法人の開発参画で、地元のニーズをとことん追求

新型テリオスは、多人数乗車が可能であることや、積載性の高さ、悪路をはじめとしたさまざまな道路環境に対応できることなど、現地で求められるニーズを反映した7人乗りのコンパクトSUVである。

同車については、OEM供給を受けるトヨタも姉妹車「トヨタ・ラッシュ」の新興国での販売を検討。輸出先での仕様や耐久性などの検証もダイハツとADMが担当し、また生産もADMが担うなど、今後のダイハツの新興国事業をうらなう車両となっている。

クルマそのものについては、従来モデルから好評価を得ているFRの駆動レイアウトを受け継ぎつつ、プラットフォームを刷新。現地で好評を得ている「セニア」のそれをベースに、テリオス向けに改良を加えたプラットフォームを採用することで、高い走破性を保ちつつ、操縦安定性や乗り心地、NV性能、燃費などの基本性能も大幅に向上させたという。

また、エンジンにはアセアン向け次世代ユニット「2NR-VE(1.5リッター)」を採用しており、燃費性能を従来モデルより約25%向上。トランスミッションには5段MTと4段ATを用意している。

パッケージに関しては、全長×全幅×全高=4435×1695×1705mmとコンパクトなボディーサイズを保ちつつ、車内空間については従来モデルより室内長を170mm、1列目と2列目の前後乗員間距離を45mm、荷室長を150mm拡大。特に荷室については、ガロンボトル4本の積載が可能なスペースを確保するなど、現地ニーズに応える積載性を実現している。

このほかにも、内外装についてはADMデザイナーの開発参画により現地ニーズを反映。同国でシェアの高いMPVから乗り換えるユーザーも満足できるよう、「ダイナミック&ハイクオリティ」をテーマに1クラス上の質感が感じられるデザインを実現したという。

生産はダイハツの生産コンセプト「SSC(シンプル・スリム・コンパクト)」を取り入れた現地のスンター工場が担当。目標販売台数は、月間1500台と公表されている。

(webCG)
 

関連キーワード:
ダイハツ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
新着記事