「メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ」日本発売

2011.08.25 自動車ニュース
「メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ」(AMGパフォーマンスパッケージ装着車)
「メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ」日本発売

「メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ」日本発売

メルセデス・ベンツ日本は2011年8月25日、「Cクラス」の第3のボディタイプとなるクーペモデル「C63 AMGクーペ」と、マイナーチェンジした「C63 AMGセダン/ステーションワゴン」を発売した。

 
「メルセデス・ベンツC63 AMGクーペ」日本発売の画像
シートには、厳選した上質な素材を用いた「designo(デジーノ)ナッパレザー」を採用。色は7パターンから選べる。
シートには、厳選した上質な素材を用いた「designo(デジーノ)ナッパレザー」を採用。色は7パターンから選べる。
ディフューザータイプのリアバンパーやデュアルツインクロームエグゾーストエンドによりスポーティ感が高められた「C63 AMGクーペ」(AMGパフォーマンスパッケージ装着車)のリアビュー。
ディフューザータイプのリアバンパーやデュアルツインクロームエグゾーストエンドによりスポーティ感が高められた「C63 AMGクーペ」(AMGパフォーマンスパッケージ装着車)のリアビュー。

■「Cクラスクーペ」の第1弾

Cクラスとしては初となる2ドアノッチバッククーペの第1弾として、ハイパフォーマンスモデルの「C63 AMGクーペ」が日本に導入された。

メルセデスが、"パーソナルな高性能クーペ"と位置づけるC63 AMGクーペは、セダンと同じ4710mmの全長に、ロングノーズと低く伸びやかなルーフライン、細いCピラーなどを織り込むことで、より美しくスポーティなフォルムを表現。さらに、AMG専用のワイドフェンダーをはじめ、専用デザインのフロントフェンダーやパワードーム付きのボンネット、左右2つずつのクロームエグゾーストエンド、ブラックのディフューザー付きのリアスカートなどにより、力強い印象を与えている。パノラミックスライディングルーフは標準装着である。

一方、インテリアは、「デジーノ」ナッパレザーを施したAMGスポーツシートを採用。さらに、上下がフラットなAMGパフォーマンスステアリングやアルミニウム製シフトパドル、ダークアルミニウムのインテリアトリムパネルなど、専用のパーツをしつらえることで特別な雰囲気をつくり上げている。なお、乗車定員は4名となる。

搭載されるエンジンは、AMGが開発したおなじみの6.2リッターV8DOHCユニット。457ps/6800rpm、61.2kgm/5000rpmのスペックは従来どおりだが、トランスミッションに「AMGスピードシフトMCT」を採用したのが新しい。このAMGスピードシフトMCTは、トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを用いることで、ダイレクトなアクセルレスポンスと素早いギアチェンジ、そして、高い効率を実現する。

さらなるハイパフォーマンスを求めるユーザーには、「AMGパフォーマンスパッケージ」(オプション価格125万円)が用意される。「SLS AMG」に採用される鍛造ピストン、コンロッド、軽量クランクシャフトを搭載することで、エンジン性能を487psに高めるとともに、スピードリミッターの作動速度を250km/hから280km/hにアップ。さらにコンポジットフロントディスクを含むAMG強化ブレーキや、LSD、カーボン製のトランクリッドスポイラーなどが装着されることになる。

「メルセデス・ベンツC63 AMGセダン」
「メルセデス・ベンツC63 AMGセダン」
最近登場したAMGモデルはほとんどが5.5リッターターボにダウンサイジングしているが、「C63 AMG」は6.2リッターNAの「M156」を継続して搭載する。
最近登場したAMGモデルはほとんどが5.5リッターターボにダウンサイジングしているが、「C63 AMG」は6.2リッターNAの「M156」を継続して搭載する。
トランスミッションは、トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを用いた「AMGスピードシフトMCT」を採用。ダイレクトなレスポンスが追求されている。
トランスミッションは、トルクコンバーターの代わりに湿式多板クラッチを用いた「AMGスピードシフトMCT」を採用。ダイレクトなレスポンスが追求されている。

■2011年秋にはラインナップがさらに拡充

C63 AMGクーペにあわせて、「C63 AMGセダン/ステーションワゴン」もマイナーチェンジを実施。すでにマイナーチェンジしている標準のCクラスに準拠して、内外装を一新したほか、C63 AMGクーペ同様、トランスミッションにAMGスピードシフトMCTを搭載する。

既報のとおり、C63 AMGは2011年7月29日から予約注文受付が開始されているが、メルセデス・ベンツ日本の上野金太郎代表取締役副社長は、「これまでになかったC63 AMGクーペの投入により、コンペティターから(顧客を)獲得できると期待している」と述べ、さらに、Cクラス全体に占めるAMGモデルの割合を「5%を超える数字にしたい」と語った。

なお、2011年秋にはAMGではない通常のCクラスクーペが日本に導入される予定。また、2011年9月のフランクフルトショーでデビュー予定の「C63 AMGクーペ ブラックエディション」も少数ながら日本での販売を計画しているというから、コンパクトなハイパフォーマンスモデルを好む人にとって、しばらくは目が離せない存在になりそうだ。

価格は以下のとおり。
C63 AMGセダン:1075万円
C63 AMGクーペ:1085万円
C63 AMGステーションワゴン:1095万円

(文=生方聡)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス クーペの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツSLC180スポーツ(FR/9AT)【試乗記】 2016.8.11 試乗記 メルセデス・ベンツがラインナップするオープンモデルの“末っ子”が「SLC」。新設定の1.6リッターターボエンジンを積んだ「SLC180スポーツ」に試乗し、マイナーチェンジとともに新しい名前を冠することとなった、同車の実力を確かめた。
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • 日産GT-Rトラックエディション engineered by nismo(4WD/6AT)【試乗記】 2016.12.27 試乗記 「日産GT-R」のなかでも、標準仕様のルックスの下にNISMOチューンのボディーとアシを隠し持つ、特異なキャラクターの「トラックエディション engineered by nismo」。マニア心を刺激する、このグレードならではの魅力をリポートする。
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る