EV「ミツオカ・ライク」に新グレードが登場

2011.08.25 自動車ニュース
「ミツオカ・ライク」
ミツオカ・ライクに安価な新グレードが登場

電気自動車「ミツオカ・ライク」に新グレードが登場

光岡自動車は、電気自動車「雷駆(ライク)」の仕様を変更するとともに、グレード体系を改め、2011年8月26日に発売する。


ミツオカ・ライクに安価な新グレードが登場

「ライク」は、三菱の電気自動車「i-MiEV」をベースに、ミツオカがカスタマイズを施したクルマ。ご本家とは前後バンパーの形状が異なるほか、リアシートやリアのドアトリムを変更することで乗車定員が4名から5名に増えて、軽ではなく普通自動車扱いになるなどの違いがある。

今回、「三菱i-MiEV」の仕様・グレード体系が見直されたのを受けて、「雷駆」にも同様の変更が実施された。
すなわち、主にリチウムイオンバッテリーの容量を減らす(16.0kWh→10.5kWh)ことで価格を抑えた、エントリーグレード「M」を新たに設定。いっぽう、バッテリー容量やモーターの性能は従来のまま、前席シートヒーターやエンターテイメントシステムなど装備を充実させた上級グレード「G」も用意。あわせて2グレードのラインナップとされた。
減速エネルギーの回収量が増した「ブレーキ連動回生ブレーキ」の採用で、航続距離が20%ほどアップしたのも今回の変更のポイントである。

「ライク」はすべて受注生産で、価格は「M」が290万円、「G」が410万円。いずれも、従来モデルの428万円より低く抑えられており、さらに経済産業省が実施する「クリーンエネルギー自動車導入促進対策費補助金」を受けることで、ユーザーの実質負担額は「M」が218万円、「G」が314万円になる。

(webCG 関)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • KTM125デューク/250デューク/390デューク/1290スーパーデュークGT【試乗記】 2017.6.10 試乗記 普通二輪免許で乗れるKTMのネイキッドバイクが、3車種同時にフルモデルチェンジ。「野獣の卵」「ザ・コーナーロケット」など過激なニックネームを持つ新型の実力を、サーキットで確かめた。
  • トミーカイラZZ(MR)【試乗記】 2017.6.9 試乗記 京都のベンチャー企業、GLMが初めて手がけた量産電気自動車(EV)「トミーカイラZZ」。自動車メーカーとしての第一歩となる99台の限定モデルは、電動パワープラントならではの刺激と、走る楽しさにあふれたピュアスポーツカーだった。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • レクサスLC500“Sパッケージ”(FR/10AT)【試乗記】 2017.6.19 試乗記 「レクサスの変革を象徴するモデル」として開発された、新型ラグジュアリークーペ「LC500」に試乗。意欲的なデザインや新たなメカニズムは、ドライバーの心をどう満たすのか。さまざまな道で吟味した。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
ホームへ戻る