スズキ・スイフトにアイドリングストップ搭載車

2011.08.25 自動車ニュース

スズキ、「スイフト」にアイドリングストップ搭載車を追加し発売

スズキは、コンパクトカー「スイフト」にアイドリングストップシステム搭載グレードを追加設定し、2011年9月13日に発売する。

今回ラインナップに加わるのは、「XG」、「XL」グレードにアイドリングストップシステムを搭載した「XG アイドリングストップ」、「XL アイドリングストップ」の2モデル。

アイドリング中の無駄な燃料消費をなくすことで、10・15モードで25.0km/リッター(ベース車+2.0km/リッター)、JC08モードで21.8km/リッター(ベース車+1.2km/リッター)の低燃費を実現した。また、車両の安定走行を補助するESPを標準装備し、坂道などでアイドリングストップシステムが作動した際に後退するのを抑制する、ヒルホールドコントロール機能を持たせた。

価格は「XG アイドリングストップ」が133万8750円、「XL アイドリングストップ」が141万2250円。

(webCG)

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)/スイフトRSt(FF/6AT)【レビュー】 2017.1.30 試乗記 スズキの世界戦略を担うBセグメントのコンパクトカー「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州仕込みの足まわりを持つ「RS」系の2グレードには、今このクラスに求められるクルマの要素がそろっていた。
  • スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)【試乗記】 2012.3.13 試乗記 スズキ・スイフトスポーツ(FF/6MT)
    ……174万3000円

    従来型ではMT仕様の販売比率が7割に上ったという「スイフトスポーツ」。これはスポーツカー好きのノスタルジアか? それとも現実派のロジカルな選択か? ワインディングロードで考えた。
ホームへ戻る