スズキ・スイフトにアイドリングストップ搭載車

2011.08.25 自動車ニュース

スズキ、「スイフト」にアイドリングストップ搭載車を追加し発売

スズキは、コンパクトカー「スイフト」にアイドリングストップシステム搭載グレードを追加設定し、2011年9月13日に発売する。

今回ラインナップに加わるのは、「XG」、「XL」グレードにアイドリングストップシステムを搭載した「XG アイドリングストップ」、「XL アイドリングストップ」の2モデル。

アイドリング中の無駄な燃料消費をなくすことで、10・15モードで25.0km/リッター(ベース車+2.0km/リッター)、JC08モードで21.8km/リッター(ベース車+1.2km/リッター)の低燃費を実現した。また、車両の安定走行を補助するESPを標準装備し、坂道などでアイドリングストップシステムが作動した際に後退するのを抑制する、ヒルホールドコントロール機能を持たせた。

価格は「XG アイドリングストップ」が133万8750円、「XL アイドリングストップ」が141万2250円。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

スイフトの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • スズキ・スイフトRS(FF/5MT)【試乗記】 2012.2.7 試乗記 スズキ・スイフトRS(FF/5MT)
    ……145万4250円

    ノーマルモデルより引き締まった、欧州仕様と同様の足まわりを持つ特別仕様車「スイフトRS」。“欧州並み”は、日本の道でも魅力的に映るのか?
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • プジョー2008アリュール(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.22 試乗記 「プジョー2008」がマイナーチェンジを受け、新しいパワーユニットとよりSUVらしいスタイリングを得た。激戦のコンパクトSUV市場に本気で挑む、新世代ブルーライオンの旗手の実力をリポートする。
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
ホームへ戻る