第530回:スマートスピーカーはクルマ談義の相手になるか?

2017.12.01 マッキナ あらモーダ!

新しいモノは試してみよう

ロサンゼルスオートショー2017を前に、東京に立ち寄った。

家電量販店をのぞくと「AIスピーカー」、またの名を「スマートスピーカー」と呼ばれる商品が販売強化中であった。ちなみにイタリアでは、まだあまり見かけない。それだけにそそられた。

音声認識にまつわるものでボクが最近試したデバイスといえば、ソフトバンクのロボット「Pepper(ペッパー)」だ。

パリの科学産業博物館に置かれていたそれにボクが話しかけると、エラーを繰り返した。しかし、Pepperの認識精度が悪いとは断定できない。日ごろからナマの人間に指摘されるとおり、ボクのフランス語が、イタリア語なまりが強すぎるのも原因なのだろう。意気消沈した。

スマートスピーカーの音声認識精度も、その程度なのか?

しかし、1996年の日本映画『Shall we ダンス?』において、主人公が勤める会社で、OLから「あの人、ウィンドウズもできないんですって」と陰口をたたかれるおじさんの姿が頭をよぎった。新しいものは、なんでもチャレンジしたほうがいい。

店頭のデモンストレーターは、初めて接するボクに、とてもわかりやすく説明してくれた。

「スマートスピーカーは難しいものと考えられがちですが、単なるスピーカーとマイクだと考えていただければいいんです。“頭脳”の役は、Wi-Fiでつながるスマートフォンなんです」

代表的なスマートスピーカーのひとつ、「Google Home Mini」は税込み6480円。心理的にも納得できる価格である。

Google Home Miniの隣には、LINEによる、スタンプでおなじみの熊とヒヨコのキャラクターをかたどったスマートスピーカーが参考展示されていた。そちらは近日発売とのことだ。

イタリアではいつ発売になるかわからないし……ということもあって、ボクはGoogle Home Miniを購入した。

買ったばかりのGoogle Home Miniと自動車問答を楽しむ筆者。
買ったばかりのGoogle Home Miniと自動車問答を楽しむ筆者。
Google Home Miniは手のひらサイズである。本体左右をタップすることで音量調節できる。だが、掃除などで場所を移すたびに反応してしまうのは、ちょっと不便。
Google Home Miniは手のひらサイズである。本体左右をタップすることで音量調節できる。だが、掃除などで場所を移すたびに反応してしまうのは、ちょっと不便。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事