第1回:新型「XC60」はここに注目!

ボルボを代表するモデル 2017.11.29 徹底検証! ボルボXC60 ボルボのミドルサイズSUV「XC60」がフルモデルチェンジ。日本国内でも2017年10月に販売が開始された。世界的に人気を博したモデルの新型には、どんな特徴があるのか。詳しく解説する。

今のニーズに応える一台

最近は内外装のかっこよさと、優れた実用性を兼ね備えたSUVの人気が高い。外観を見ると、悪路の走破も考慮した大径のタイヤで存在感が強調されている。ボディーの上側はワゴンと同様の形状で、居住性については前後席ともに快適。荷物も積みやすい。SUVには多彩な魅力があり、クルマ好きからファミリーまで、幅広いユーザーに好まれている。

また近年のクルマは、安全性と環境性能が重視される。交通事故はクルマにとって最大の問題点であり、世界的にユーザーの高年齢化も進んでいる。車両が運転ミスを積極的にカバーできる安全装備が大切になっている。将来の自動運転につながる運転支援技術も、緊急自動ブレーキなどがベースであるため、安全装備の進化が一層促進されてきた。安全性と並んで環境性能も重要な課題だ。排出ガスのクリーン化、二酸化炭素の排出抑制、化石燃料の節約など、その幅は広がっている。

こうした今のトレンドやニーズに的確に応えた注目の新型車が、2017年10月に発売されたボルボのSUV、XC60だ。現行型は2代目で、初代XC60は世界で累計100万台が販売された。ボルボ全体の約30%を占める人気車である。

新型XC60のボディーサイズは全長が4690mm、全幅が1900mm(「T6 AWD R-DESIGN」は1915mm)、全高が1660mmで、SUVでは売れ筋のミドルクラスに位置する。外観は水平基調で、ボンネットが長くスポーティーな雰囲気も併せ持つ。SUVの高い人気を象徴する、上品で存在感の伴う外観に仕上げられている。

「XC60 T5 AWDインスクリプション」のリアビュー。個性的なデザインのリアコンビランプが目を引く。
「XC60 T5 AWDインスクリプション」のリアビュー。個性的なデザインのリアコンビランプが目を引く。拡大
シートは、誰もが理想的な着座位置を得られるように設計されている。上級グレードの前席には、マッサージ機能も備わる。
シートは、誰もが理想的な着座位置を得られるように設計されている。上級グレードの前席には、マッサージ機能も備わる。拡大
後席は60:40の分割可倒式。ヘッドレストは、ドライバーの後方視界を確保すべく前方に折りたたむことができる。
後席は60:40の分割可倒式。ヘッドレストは、ドライバーの後方視界を確保すべく前方に折りたたむことができる。拡大
2代目となる新型「ボルボXC60」は、2017年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開。日本では同年10月にデビューした。
2代目となる新型「ボルボXC60」は、2017年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開。日本では同年10月にデビューした。拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ボルボXC40 2017.9.21 画像・写真 ボルボが新型コンパクトSUV「XC40」を発表した。小型車向けの新世代アーキテクチャー「CMA」を採用した初のモデルであり、パワープラントには4気筒のガソリンエンジンやディーゼルエンジン、ハイブリッドなどに加え、3気筒エンジンも設定される予定となっている。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN/XC40 D4 AWDモメンタム【海外試乗記】 2017.12.28 試乗記 まったく新しいプラットフォームをベースに開発された、ボルボの新世代SUV「XC40」。カジュアルでアクティブな雰囲気をまといつつも、端々に“今時のボルボらしさ”を感じさせるニューモデルの出来栄えを、バルセロナの地で試した。
  • ホンダ・クロスカブ110(MR/4MT)【レビュー】 2018.4.21 試乗記 ビジネス用途の「スーパーカブ」をベースに開発された、ホンダの小型バイク「クロスカブ」。その最新型は、「単なるバリエーションモデル」と割り切れない、独自の魅力を持っていた。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
ホームへ戻る