【スペック】全長×全幅×全高=4330×1790×1490mm/ホイールベース=2610mm/車重=1370kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=299万円(テスト車=同じ)

シトロエンC4エクスクルーシブ(FF/6AT)【ブリーフテスト】

シトロエンC4エクスクルーシブ(FF/6AT) 2011.08.25 試乗記 ……299万円
総合評価……★★★★

新型「C4」の上級グレード「エクスクルーシブ」をテスト。シトロエンの新しい主力モデルは、強者ぞろいのライバルをしのぐ魅力を持ち得たか?

万人向きとは言えないけれど

近年のシトロエンは、もともと定評のある乗り心地に加えて、ひときわ精彩を放つエクステリアデザインや、ドイツ車顔負けの高い質感を誇るインテリアによって、いっそう魅力を増している。それだけに、新型「C4」には期待を寄せていたのだが、うれしいことにデザインも走りも、私の期待を裏切らなかった。旧型に比べると個性が薄れた部分はあるにせよ、完成度の高いデザインとシトロエンらしい上質かつ機敏な走りには、ファンならずとも魅了されてしまうだろう。

とはいえ、誰にでもお薦めできるかというと、手放しで「イエス」とは言えないのが正直な気持ちだ。ギアボックスやブレーキなどに癖があり、それを承知で受け入れられる人でなければ、長く付き合うのは難しい。もし知人がC4を買おうかどうか迷っていたら、熟成するまでもうしばらく様子を見守るようアドバイスするつもりだ。もっとも、そんな私の意見に聞く耳を持たず、結局買う気にさせるのが、このクルマの魅力なのかもしれないが。

大開口が自慢の「パノラミックガラスルーフ」。ガラスには赤外線・紫外線をカットするスーパーティンテッド加工が施され、スライディングサンバイザーも装備する。「エクスクルーシブ」には標準装備となる。
大開口が自慢の「パノラミックガラスルーフ」。ガラスには赤外線・紫外線をカットするスーパーティンテッド加工が施され、スライディングサンバイザーも装備する。「エクスクルーシブ」には標準装備となる。
17インチアロイホイールを装着。タイヤサイズは前後とも225/45R17。
17インチアロイホイールを装着。タイヤサイズは前後とも225/45R17。
 
シトロエンC4エクスクルーシブ(FF/6AT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • 第26回 ディーゼルに快音はあるのか!? 2017.1.24 エッセイ 清水草一の話題の連載。第26回は「ディーゼルに快音はあるのか!?」。特有のカラカラ音を抑えることに各社力を入れているが、ステキなサウンドを奏でるディーゼルモデルもあるはず。筆者がシビれた快音ディーゼルとは?
  • 第28回 禁断の果実  2017.2.7 エッセイ 清水草一の話題の連載。第28回は「禁断の果実」。ディーゼルに快音はあるのか!? をテーマに検証を進めていた筆者が、ついに出会ったお手ごろ4気筒ディーゼル車とは? ヨーロッパ遠征でのジャイアント・インパクト第2弾をお届けする。 
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)【試乗記】 2017.2.2 試乗記 電動式のリトラクタブルハードトップと、専用デザインのリアセクションを持つ「マツダ・ロードスターRF」のスポーティーグレード「RS」に試乗。ソフトトップモデルとは一味違う、走りの魅力をリポートする。
ホームへ戻る