【スペック】全長×全幅×全高=4330×1790×1490mm/ホイールベース=2610mm/車重=1370kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4DOHC16バルブターボ(156ps/6000rpm、24.5kgm/1400-3500rpm)/価格=299万円(テスト車=同じ)

シトロエンC4エクスクルーシブ(FF/6AT)【ブリーフテスト】

シトロエンC4エクスクルーシブ(FF/6AT) 2011.08.25 試乗記 ……299万円
総合評価……★★★★

新型「C4」の上級グレード「エクスクルーシブ」をテスト。シトロエンの新しい主力モデルは、強者ぞろいのライバルをしのぐ魅力を持ち得たか?

万人向きとは言えないけれど

近年のシトロエンは、もともと定評のある乗り心地に加えて、ひときわ精彩を放つエクステリアデザインや、ドイツ車顔負けの高い質感を誇るインテリアによって、いっそう魅力を増している。それだけに、新型「C4」には期待を寄せていたのだが、うれしいことにデザインも走りも、私の期待を裏切らなかった。旧型に比べると個性が薄れた部分はあるにせよ、完成度の高いデザインとシトロエンらしい上質かつ機敏な走りには、ファンならずとも魅了されてしまうだろう。

とはいえ、誰にでもお薦めできるかというと、手放しで「イエス」とは言えないのが正直な気持ちだ。ギアボックスやブレーキなどに癖があり、それを承知で受け入れられる人でなければ、長く付き合うのは難しい。もし知人がC4を買おうかどうか迷っていたら、熟成するまでもうしばらく様子を見守るようアドバイスするつもりだ。もっとも、そんな私の意見に聞く耳を持たず、結局買う気にさせるのが、このクルマの魅力なのかもしれないが。

大開口が自慢の「パノラミックガラスルーフ」。ガラスには赤外線・紫外線をカットするスーパーティンテッド加工が施され、スライディングサンバイザーも装備する。「エクスクルーシブ」には標準装備となる。
大開口が自慢の「パノラミックガラスルーフ」。ガラスには赤外線・紫外線をカットするスーパーティンテッド加工が施され、スライディングサンバイザーも装備する。「エクスクルーシブ」には標準装備となる。
17インチアロイホイールを装着。タイヤサイズは前後とも225/45R17。
17インチアロイホイールを装着。タイヤサイズは前後とも225/45R17。
 
シトロエンC4エクスクルーシブ(FF/6AT)【ブリーフテスト】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

C4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • シトロエンC4フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.10.20 試乗記 PSAグループの最新ディーゼルエンジン、BlueHDiを搭載する「シトロエンC4」に試乗。フランスではディーゼルが乗用車用パワーユニットの主役だ。遅れてやってきた“本命”は、日本の交通環境下でいかなる走りを見せるのだろうか。
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.29 試乗記 シトロエンがCセグメント車「C4」のパワートレインを一新し、1.2リッター直3ターボとトルコン式6段ATを採用した。上級モデル「セダクション アップグレードパッケージ」の試乗を通して感じた、簡単には言い表せないフランス車ならではの魅力を報告する。
  • シトロエンC4セダクション アップグレードパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2015.8.25 試乗記 シトロエンのCセグメントハッチバック車「C4」がマイナーチェンジ。フェイスリフトが施され、新たに1.2リッター直3直噴ターボエンジンとトルコン式6段ATが採用された。その走りの実力と、同じパワートレインを積む「プジョー308」との違いをリポートする。
  • シトロエン・グランドC4ピカソ フィールBlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.20 試乗記 シトロエンの7人乗りミニバン「グランドC4ピカソ」に、“シリーズ最大のハイライト”とアピールされるディーゼルエンジン搭載モデルが登場。自慢の走行性能や、このクルマならではの使い勝手をじっくりとチェックした。
  • シトロエンC4 セダクション(FF/4AT)【試乗記】 2011.8.7 試乗記 シトロエンC4 セダクション(FF/4AT)
    ……256万円

    7年ぶりに一新された、シトロエンの基幹モデル「C4」。バランスのとれたクオリティを目指したという新型の実力を、エントリーグレード「セダクション」で試した。
ホームへ戻る