4ドア版ジープに、砂漠がテーマの特別仕様車

2011.08.25 自動車ニュース

「ジープ・ラングラー アンリミテッド」に、砂漠がテーマの特別仕様車

クライスラー日本は、特別仕様車「ジープ・ラングラー アンリミテッド トレイルエディション」を2011年9月3日に発売する。

「ジープ・ラングラー アンリミテッド」の「トレイルエディション」は、アメリカ南西部のモハベ砂漠を走り抜けるジープをテーマに、各種カスタマイズが施された特別仕様車だ。

ボディカラーは、砂漠を思わせる専用色「サハラタン」のみ。オーバーフェンダーや取り外し可能なハードドップもボディ同色となる。エクステリアはさらに、リザード(トカゲ)のデカールやミネラルグレーのアクセントが入った17インチアルミホイールなどで飾られる。

ブラック×ダークサドルのツートンカラーでまとめられるインテリアについても、リザードが型押しされたレザーシートやライトベージュステッチ入りの革巻きステアリングホイール、モパー製ラバーフロアマットなどの特別装備が与えられる。

価格は400万円。ハンドル位置は右のみとなっている。

(webCG 関)

「ジープ・ラングラー アンリミテッド トレイルエディション」
「ジープ・ラングラー アンリミテッド トレイルエディション」 拡大

4ドア版ジープに、砂漠がテーマの特別仕様車の画像 拡大

4ドア版ジープに、砂漠がテーマの特別仕様車の画像 拡大

4ドア版ジープに、砂漠がテーマの特別仕様車の画像 拡大

関連キーワード:
ラングラージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジュネーブモーターショー2018(その26) 2018.3.11 画像・写真 2018年3月6日に開幕した第88回ジュネーブ国際モーターショー。FCA傘下のジープブランドは新型「ラングラー」と「チェロキー」のマイナーチェンジモデルを欧州初公開した。その姿を写真で紹介する。
  • マツダCX-8 XD Lパッケージ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.3.1 試乗記 マツダのSUVファミリーに、3列シートを持つ最上級モデル「CX-8」が登場。ミニバンでは得られない、このクルマならではの持ち味とは何か。トップグレードの4WD車に試乗して確かめた。
  • 【LAショー2017】ジープ、新型「ラングラー」をお披露目 2017.11.6 自動車ニュース FCAがロサンゼルスオートショーで新型「ジープ・ラングラー」を世界初公開すると発表した。今回の新型は、従来モデルから伝統的な意匠を受け継ぎつつ、より低燃費なパワートレインや、先進の安全装備などが取り入れられるという。
  • ニューヨークショー2018(ボルボ) 2018.4.6 画像・写真 2018年のニューヨークモーターショーで、ボルボはコンパクトSUV「XC40」の新たな最上級グレード「インスクリプション」や、ミドルサイズワゴンの「V60」などを展示した。その姿を写真で紹介する。
  • マツダCX-5 XD Lパッケージ(4WD/6AT)/CX-5 25Sプロアクティブ(4WD/6AT)【試乗記】 2018.4.6 試乗記 デビューから1年で早くもマイナーチェンジを受けた「マツダCX-5」に試乗。「CX-8」と同じ「スカイアクティブ-D 2.2」や気筒休止機構を搭載した「スカイアクティブ-G 2.5」など、エンジンに大幅な改良が施された最新モデルの走りをリポートする。
ホームへ戻る